男子バスケットボール部

2018年8月の記事一覧

男子バスケットボール部(8月15日)


 8月15日(水) 第5クール2日目
 
 本日は、1日を使っての2部練習となりました。午前は、9:00~11:30までの2時間半、チームディフェンスの確認と練習を行い、ゾーンオフェンスの確認と練習を行いました。午後は、13:00~17:00までの4時間、越谷市立中央中学校と春日部市立豊野中学校の選手と総勢54名の合同練習となりました。
 
 オフェンスとディフェンスの切り替えの早いゲームをするために、ファンダメンタルスキルからゲームに近い練習まで行いました。最後のシューティングでは、ダウンスクリーンやスタックを使ったボールミートや動き(モーション)の中でのシューティングを行いました。
 
 本日は、少し涼しかったように思います。選手たちもダウンすることなく、練習ができました。しかし、体調を崩している選手も数名いる状態です。試合に向けての調整が難しく感じています。
 
 明日は、8:30からの午前練習です。ベストな状態で大会に突入したいと考えています。
 
 
 「 Keeps going and  going and going 
    ずっと、ずっと、ずっと前進する。
  
 

男子バスケットボール部(8月14日)

 
 8月14日(火) 第5クール1日目
 
 第5クールは、18日から始まる「東部支部選手権大会」に向けた、調整や確認に使う予定になっています。本日は、足利大学付属高等学校と春日部市立豊野中学校との練習試合となりました。
 
 初めて練習試合を行うチームに対して、必ずと言っていいほど相手の様子を見てからバスケットボールをする庄和高校の選手たち。トーナメント方式の大会を目前に控えた今、このような感じでは心配だったので、調整期間にもかかわらず練習試合となりました。
 
 心配事は見事に的中。まだまだ未熟でした。明日からの練習の課題が明確になりました。そして心配事はもう一つ。暑さに対する耐性が低いことです。どのチームもこの夏の暑さに参っていませんか?これだけ暑いと身体が慣れる前に、壊れているように感じます。バスケットボールの対戦相手より強力な『第2の敵』にも要注意です。
 
 明日は、集合は、8:30。午前にチーム全体練習。午後に越谷市立中央中学校と春日部市立豊野中学校と合同練習です。
 
 
  チームのスローガン 「 Challenge everything  

男子バスケットボール部(8月12日)

 
 8月12日(日) 第4クール5日目
 
 本日は、千葉県立野田中央高等学校の体育館を会場に、練習試合を行いました。千葉県立野田中央高等学校、浦和実業高等学校、埼玉県立川口北高等学校、埼玉県立大宮光陵高等学校とハーフゲームの試合を行いました。
 
 練習試合も5日目を迎えると、『慣れ』が出てきます。ある一定の実力をコンスタントに出せるようになったり、メンバーを入れ替えながら実施していると出場する選手が緊張しすぎることなく結果を出せたりするようになってきました。
 
 半面、『慣れ』は、試合中に脚を止めて「ボールウォッチャー」になってしまったり、セルフジャッジからプレーを止めてしまったり、ニュートラルボールをお互いに譲り合ったりしてしまう場面も出てきました。もう一度、『慣れ』ではなく『良い習慣を身につけること!』この一点につきます。
 
 第5クールは、試合前の4日間となります。内容は練習試合、合同練習、調整練習、自主練習などとなります。18日からの公式戦に向けて、ととのえていきましょう。
 
 13日は、OFFとなります。
 14日は、7:30集合。足利大学付属高等学校と春日部市立豊野中学校と練習試合となります。
 
 
  『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために  

男子バスケットボール部(8月11日)

 
 8月11日(土) 第4クール4日目
 
 本日は、千葉県立流山北高等学校の体育館を会場に、練習試合を行いました。柏市立柏高等学校、千葉県立東葛飾高等学校、千葉県立流山北高等学校、千葉県立清水高等学校とハーフゲームの試合を行いました。
 
 限られた時間と組み合わせの中で、チームとして求められることと個人として求められること、1週間後に迎える公式戦に向けて、良い緊張感の中で練習試合をすることができました。ありがとうございました。
 
 強いチームとの試合中、ミスが続く場面でお互いに声をかけ、気持ちを切り替えて次のプレーに臨んでほしいと思っているのですが、なかなかうまくいきません。チームとしてはまだまだ未熟であり、選手間の信頼度や協調性などが試されていました。『苦しい時に、雰囲気を変えられる選手』どんなチームでも欲しいものです。2年生たちに期待しています。
 
 明日も千葉遠征となります。野田中央高校に9:00集合です。

 
 「 Keeps going and  going and going 
    ずっと、ずっと、ずっと前進する。
 

男子バスケットボール部(8月10日)


 8月10日(金) 第4クール3日目
 
 本日も8:00集合、9:15トスアップ。福島県立福島高等学校と横浜創学館高等学校が合宿に来ていただいて3日目。日本学園高等学校、茨城県立下館第二高等学校に来ていただき、合計5校で練習試合となりました。
 
 チームで取り組んでいることも、少しずつですが進歩がみられるようになってきました。その反対に、課題がより鮮明になってきました。全員で共有し、改善できるようにしていきたいと思っています。
 
 3日間お付き合いいただいた、福島県立福島高等学校と横浜創学館高等学校と日本学園高等学校のスタッフ・選手に感謝しております。選手たちに良い経験をさせることができたのも皆さんのおかげです。また、お相手していただけるチームとなれるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。
 
 明日から2日間は、千葉県に遠征となります。
 
 
  チームのスローガン 「 Challenge everything 

男子バスケットボール部(8月9日)


 8月9日(木) 第4クール2日目
 
 本日は8:00集合、9:15トスアップ。福島県立福島高等学校との練習試合からスタートです。横浜創学館高等学校、日本学園高等学校、県立春日部東高等学校、県立八潮南高等学校に来ていただき、合計6校で練習試合となりました。
 
 「プレータイムをたくさん与えること」いつもは、2番手、3番手の選手たち、1年生の選手たちに多くの機会を与えることを目的に練習試合を行いました。長い時間プレーできることで、1つミスをすぐに切り替えること。ミスの後に取り返す努力をすること。そして、疲労の蓄積から思うようにならないときに我慢をし、最後までやり切ることを求めました。
 
 良い経験だったというならば、今日体験できたことを明日からのプレーにいかしましょう。明日もまた多くの体験から学びましょう!!
 
 明日も8:00集合、9:15トスアップ。練習試合は続きます。
 
 
  『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために 

男子バスケットボール部(8月8日)


 8月8日(水) 第4クール1日目
 
 本日より第4クール。練習試合を通して個人の現在地、チームの現在地を知り、今後の課題探しを目的としています。福島県立福島高等学校、横浜創学館高等学校の2チームが本校の合宿所に泊まっていただき、日本学園高等学校、県立春日部東高等学校、県立八潮南高等学校に来ていただき、合計6校で練習試合となりました。
 
 いろいろなチームの特徴があり、学ぶべきものがたくさんありました。本校の選手たちがどれくらい気が付くことができたのか?期待しています。チームとしては、我慢することやスタミナ不足といった課題に対してどのような試合ができたのか?反省がたくさんありました。また明日、同じ6校で練習試合となります。改善できることは、1つでも多く改善できるようにしましょう。
 
 明日も8:00集合。9:15トスアップ予定となっています。
 5日間の第4クールをしっかり乗り越えましょう。
 
 
  「 Keeps going and  going and going 
    ずっと、ずっと、ずっと前進する。

男子バスケットボール部(8月7日)


 8月7日(火) 第3クール3日目
 
 本日は、13:00から越谷市立西中学校と合同練習を行いました。台風の影響からか気温が30度を下回り、過ごしやすかったため中学生もダウンすることなく、3~4時間の練習をしっかりとこなすことができました。
 
 一人のプレーヤーに頼ってしまうところがあるらしく、ドリブルの多いゲームになりがちなのだそうです。パスを多用することで得意な1対1を有効にできないか?というテーマの練習と背が低いからこそリバウンドをどのようにしたらとることができるのか?をテーマに合同練習を進めていきました。
 
 ファンダメンタルの練習からテーマに沿った練習につなぎ、「なぜ、その練習が必要なのか?」を考えさせ、ゲームに近い練習で試してみることを2つのテーマで行いました。イメージはあるようですが、習慣化されないスキルであるため、うまくはいきません。終礼では、バスケットボールは「ハビットスポーツ」=習慣のスポーツなので、繰り返し練習することや積み重ねが大切であることを伝えて終了となりました。ある意味高校生たちに対して言っていたのですが、・・・
 
 明日から、第4クールの5日間となります。連日連戦の5日間となります。「心のスタミナ」試させていただきます。まずは、7:30集合、8:00開始。日本学園、福島高校、横浜創学館、春日部東高校、八潮南高校にお世話になります。
 
 
  チームのスローガン 「 Challenge everything 
 

男子バスケットボール部(8月6日)


 8月6日(月) 第3クール2日目
 
 本日の午前中は、杉戸町立東中学校と久喜市立菖蒲中学校との合同練習でした。8:30から開始し、ドリブルハンドリングとパススキルを見るためにいろいろな練習をしながら進めていきました。中学生同士の練習試合を途中に入れ、選手たちの中にある課題と改善のための工夫と方法を練習の後半には取り入れて、約3時間半の練習が終わりとなりました。
 
 いつも感じていることなのですが、合同練習に来た中学生たちは、どのような感想を持ったのでしょうか?高校生たちとの練習からどのようなことを得られたのか?心配です。もしよければ、また一緒にバスケットボールをしましょう!!
 
 午後は、春日部市立豊野中学校の選手たちと1時間ほど一緒にウォーミングアップし、明日から始まる関東大会のトスアップ時間、14:30からゲームを行いました。調整として行った合同練習でしたが、怪我人を出すことなく終われたことにホッとしています。
 豊野中の選手たち、頑張ってください。心から応援しています。
 
 明日は、13:00から越谷市立西中学校の選手たちと合同練習となります。
 
 
  『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために  

男子バスケットボール部(8月5日)

 
 8月5日(日) 第3クール1日目
 
 7:30に集合し、練習試合の会場準備から始まりました。
 埼玉平成高校、鷲宮高校、豊野中学校の4つで練習試合を行いました。
 
 合宿ではボールを触らず3日間、1日OFFをはさんでの合計4日間空いてしまった『バスケットボールの勘とか感覚』というものが心配でしたが、それよりも合宿であらわになった「心と身体のスタミナ強化」という課題にうってつけの練習試合となりました。
 午前中は、10~12人の選手を中心に、5~7分を目安にプレーしていました。午後は、鷲宮高校を除く3校での練習試合となっていたので、2チームに分けて7~10分を目安にプレーしていました。
 
 合宿の疲れからか、2年生1名、1年生2名が体調不良等で欠席。練習試合の途中でけがのためリタイヤした2年生2名、暑さにダウンした1年生1名と次々出てきた1日でした。これからの予定では、連日連戦の練習試合や、公式戦が待っています。食事・睡眠はもちろんのこと、疲労回復のためにできることは何なのか?選手自身も考え、実践してもらいたいと考えています。
 
 明日は8:30から、午前中に杉戸町立東中学校と久喜市立菖蒲中学校と合同練習。午後からは、春日部市立豊野中学校の関東大会前の調整練習と練習試合を行う予定です。
 
 
  「 Keeps going and  going and going 
    ずっと、ずっと、ずっと前進する。