男子バスケットボール部

2019年3月の記事一覧

男子バスケットボール部(入学許可候補者説明会)

 明日、平成31年3月20日(水)午後に入学許可候補者説明会が行われます。
 
 午前中には、制服採寸や体操着の採寸が入っており、新入生の皆さんとその保護者の方々も1日がかりの来校日となります。
 
 午後からの説明会終了後、本校2階「社会科室」(体育館から一番近い東階段を2階に降りて左手にある教室となります)にて、男子バスケットボール部の入部説明会を実施いたします。配布文書には、「OC室」とあるかもしれませんが、「社会科室」となっています。お気を付けください。 
 
 部長、及び顧問からのあいさつ。活動内容の説明。チームウエアの紹介。部費についての説明。春季休業中の活動日程と参加する場合の説明などを予定しています。
 
 『 Shall  We  Basketball 』
 初心者も経験者も関係ありません。「バスケットボールが好きだ」「バスケットボールをやってみたい」という人から、1人の力ではかなわなくても、みんなで力を合わせたら、できそうもないこともできるようになるのではないかと希望を持っている人たちも、一緒にバスケットボールをしませんか?
 
 よろしくお願いいたします。
 
 
  チームのスローガン 「 Challenge everything 

男子バスケットボール部(第37回 卒業式)

 平成31年3月12日(火)、埼玉県立庄和高等学校 第37回卒業証書授与式が行われました。
 男子バスケットボール部においては、4名の選手と1名のマネージャーが無事卒業いたしました。
 
 ご卒業、おめでとうございます。
 
 顧問の私とともに庄和高校に入学した選手たち、彼らに対するおもい入れはとても強いです。地区大会を勝ち抜くなんて到底考えられないような部活動の状況の中で、一生懸命取り組んでくれた選手たちに感謝しております。
 
 最終的には、埼玉県大会のベスト16まで行けたのは、どんな時もサボることなく、コツコツと努力をし、あきらめなかったキャプテンの櫻井君がいたからこそ、成し遂げられたと思っています。さらに本日、櫻井君が 『 体育優良児童生徒表彰 』 を卒業式の中で受けたことが、自分のことのように嬉しかったです。
 また、副キャプテンの南君が 『 皆勤賞 』 の卒業生代表として登壇した姿に感動していました。学年生徒の代表として、・・・ 本当に夢のようでした。
 
 卒業生たちが残してくれた財産が、現在の庄和高校のバスケットボール部に大きな影響を与えてくれています。卒業生たちに良い報告ができるように現役選手たちとともに頑張りたいと思います。
 
 いろいろな進路に進む37期生達が、社会の一員として、貢献できる人物であると信じています。

 
 【 たゆまざる あゆみおそろし かたつむり 】 
 朝、家を出たところ紫陽花の下のほうにいたかたつむりが、夕方に帰宅してみると紫陽花のてっぺんにかたつむりがいた。
 かたつむりの歩みは遅くとも、続けていけばその結果紫陽花のてっぺんにだって登れる。
 かたつむりの歩み(継続する能力)(着実に進む能力)とは、なんとおそろしいことか!!

 皆さんの活躍に期待しています。『 がんばれ、卒業生 』

 
 保護者の皆様、3年間大変お世話になりました。部活動に対するご理解とご協力、ありがとうございました。
 
 

 『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために   

男子バスケットボール部(2月)

 庄和高校男子バスケットボール部の2月の活動をご報告いたします。
 
 2月3日(日)春日部ウイングハットにて、第49回春日部市バスケットボール選手権大会に参加しました。結果は、以下の通りです。
 
 1回戦 庄和高校 68対57 サルーテ
 2回戦 庄和高校 68対99 サークル

 
 以上の結果、2回戦敗退となりました。
 
 一般のクラブチームの方々にお相手をしていただき、心から感謝いたしております。高校生たちにはない強さや上手さ、経験がもたらす洗練されたバスケットボールを肌で感じることができました。この大会に参加を呼び掛けていただいた、春日部市バスケットボール協会の皆さま、大会運営に携わっていた皆様、また誘っていただけるチームとなれるように頑張りたいと思います。ありがとうございました。
 
 2月10日(日)には、『1年生vs2年生』の意地のぶつかるガチンコチーム内ゲームを行いました。もちろん結果は、、、2年生の勝利!!悔しそうな1年生の顔を見られたことが収穫でした。(笑)
 
 2月16日(土)には、県立蕨高校と練習試合を行いました。
 週末に必ず試合をいれて、見直しの時期に来ている個人スキルの確認に使っていました。まず、フィジカル面を見直しています。トレーナーからのメニューも新しい段階に入りました。バスケットボールのスキルについても、「ここから?」と思うくらい初歩的なハンドリングやボディーコントロールなど確認の毎日でした。
 
 2月の末には学年末考査となります。全員、負けが許されない戦い(テスト)となります。計画的に、コツコツと取り組めるでしょうか? 
 
 
 「
 Keeps going and  going and going 

    ずっと、ずっと、ずっと前進する。
 

男子バスケットボール部(1月後半)

 埼玉県新人大会が終わり、1月の後半の男子バスケットボール部の活動についてご報告させていただきます。
 
 1月26日(土)AM、県立白岡高校にて東部支部選抜選手選考会が行われました。本校バスケットボール部からは、5名(岩浪亮太郎君、恩田学門君、八巻颯太君、徳諭君、岩田稜平君)が参加いたしました。
 
 選考の結果、岩浪亮太郎君(葛飾中学校出身、スモールフォワード)
       恩田学門君 (幸手西中学校出身、パワーフォワード)

 
 以上の2名が、東部支部選抜選手に選出されました。
 
 選考会で選ばれた13名の選手とともに東部支部の代表として、力を合わせて四支部大会【2月17日(日)上尾運動公園体育館にて開催予定】での活躍に期待しております。
 応援よろしくお願いいたします。 
 
 
 1月26日(土)と27日(日)の2日間、「中川カップ」に参加させていただきました。26日には、草加東高校と越谷西高校。27日には、八潮高校と越谷東高校と試合をさせていただきました。会場校となっていた、草加東高校と越谷東高校の皆さん、大変お世話になりました。
 また、2日間を通して4試合を行い、選手たちの経験値を上げること。バスケットボールのルールへの対応や、スキルの見直しを行う良いきっかけとなりました。中川カップを運営されていた皆様、来年も呼んでいただけるチームとなれるように頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。そして、ありがとうございました。
 
 
 
 チームのスローガン 「 Challenge everything