男子バスケットボール部

2018年1月の記事一覧

男子バスケットボール部(1月12日)

 あけましておめでとうございます。
 本年も男子バスケットボール部、
      庄和高校をよろしくお願いいたします。
 
 庄和高校男子バスケットボール部は、埼玉県新人大会に1月12日(金)から参加をしています。1月12日は、1回戦を行いました。
 詳しくは、埼玉県高体連バスケットボール専門部のホームページをご覧ください。   http://hs.saitamabasketball.com/
 
 1月12日(金) 会場:上尾運動公園体育館
 庄和高校 55 対 56 不動岡高校
    (20-8,17-19,7-19,11-10)
 
 以上の結果、1回戦敗退となりました。
 
 前回、庄和高校が県大会に出場したのは、現在の選手たちが生まれるもっと前の、20数年前だったそうです。今回の県大会は、ほぼ初出場に近いといっても過言ではないでしょう。12月の抽選会終了後から、1月12日に向けた練習や準備を計画的におこなってきました。
 この時期の大会では、感染症が第一の敵であるといえるでしょう。インフルエンザの予防接種や手洗いうがい、マスクの着用など、選手たちも気を配っていました。また、冬休み前から、練習試合と練習を繰り返し、体育館フロアーが使用できないアクシデントもありましたが、チームを強化してきました。
 選手たちには、『 1月12日(金)の11:30トスアップのときに、全員がそろって試合に臨めれば、あとは結果が付いてくる 』 と言ってありました。試合前の段階でやり残したことはほぼない状態で試合に臨みました。
 
 寒さ?、緊張?、県大会会場の雰囲気?、勝ちたい気持ち?など、いろいろな気持ちや要素が働いて、いつも通りの実力が発揮できない試合だったと思います。そんな中でも最後まであきらめずにボールを追い、得点を狙い、地道に守る。そのチームの姿勢は、褒めてあげたいと思います。今までだったら、試合を投げ出していたかもしれません。
 『 10点差以内の負けは、監督の責任 』 と言います。勝たせてあげられなかった監督の不甲斐なさと責任を感じ、悔しさをこれからのチームの育成、選手たちの育成に力を入れていきたいと考えています。
 
 平日にもかかわらず、試合会場に応援に来ていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。春の関東大会予選に向け、チーム一丸となって努力してまいります。これからも応援よろしくお願いいたします。 


 『 When there is tomorrow 
   明日が来る時のために