男子バスケットボール部

2017年5月の記事一覧

男子バスケットボール部(5月29日)

 庄和高校男子バスケットボール部は、インターハイ埼玉県東部支部予選に5月28日から参加をしています。5月29日(月)は、2回戦を行いました。
 詳しくは、東部支部高体連バスケットボール専門部のホームページをご覧ください。http://saitama102basket.web.fc2.com/
 
 5月29日(月) 会場:春日部市庄和体育館
 庄和高校 38 対 70 越谷北高校
  (8-20・9-11・7-22・14-17)
 
 以上の結果、2回戦敗退となりました。
 試合会場に応援に来ていただいた皆様、保護者の皆様、ありがとうございました。


 シードチームにとっては初戦なので、もたついてくれるか?それとも、挑戦者の庄和高校は、昨日の勝利の勢いに乗ってむかえる2回戦ということに少し期待をして試合に臨みました。結論からすると、強いチームが勝つ。力の及ばないチームが負ける。当然の結果だったと思います。

 越谷北高校は、ディフェンスを必死にしていました。徹底する力、集中力、ボールに対する執着心、・・・いろいろな面で、庄和高校を上回っていました。強いチームへの戦い方としては、戦術など方法はたくさんありますが、この差は「3年間」の積み重ねの集大成となったチームと最大1年2か月、1年生に至っては2か月という短期間の準備でつくられたチームとの差であると感じさせられました。バスケットボールが、「ハビット・スポーツ」=習慣のスポーツであるからこそ、当然の結果でした。

 選手に終礼で伝えましたが、これで終わりではなく、ここから始まる新たなチャレンジに切り替えること。試合の負けは受け止めるが、可能性がある限りあきらめず、努力を重ねていくこと。ウインターカップ東部支部予選の抽選会まで1か月、試合まで1か月半。習慣から身につく実力を積み重ねましょう。
 
 
 チームのスローガン 「 Challenge everything  

男子バスケットボール部(5月28日)

 平成29年度インターハイ埼玉県東部支部予選が、5月27日~6月4日まで行われます。庄和高校男子バスケットボール部は、5月28日に1回戦を行いました。
 詳しくは、東部支部高体連バスケットボール専門部のホームページをご覧ください。http://saitama102basket.web.fc2.com/
 
 5月28日(日) 会場:三郷北高校体育館
 庄和高校 86 対 48 宮代高校
  (14-14・25-10・23-10・24-14)
 
 以上の結果、2回戦進出です。
 試合会場に応援に来ていただいた皆様、保護者の皆様、ありがとうございました。
  
 試合序盤、3年生たちの落ち着いた試合運びとコミュニケーションにより、予想以上の出来でした。3年生たちの意地を見せてくれました。出場する選手がそれぞれの役割をこなしてくれました。次戦はもっと強いチームが相手となります。すべてを出し切れるように頑張りましょう。
 いよいよシードチームへのチャレンジです。試合予定は、以下の通りです。
 
日  時 : 5月29日(月) 11:00(試合開始予定)
会  場 : 春日部市庄和体育館
試合相手 : 越谷北高校
 
 応援よろしくお願いいたします。
 
 
  『 When there is tomorrow 
   明日が来る時のために

男子バスケットボール部(5月②)

 5月の休日に2つの中学校と合同練習や練習試合を行いました。
 5月14日(日)越谷市立大相模中学校 9:00~12:30
 5月21日(日)春日部市立豊春中学校 9:00~12:30
 
 中学生と合同練習を行うと、高校生たちがどのように行動するのか?高校生が日常当たり前になっている練習を、その日その時組んだ中学生にどのように伝えて、教えているのかをよく見ています。高校生たちの人間性を見ることができます。
 
 中学生にとっては、最後の大会に向けて1つでも、2つでも身につけられるバスケットボールスキルがあればそれでよし、チームが抱えている課題の解決のために高校生を仮想チームに見立てて練習するもよしだと思っています。
 
 2つの中学校にとって、役に立てたのであれば幸いです。庄和高校男子バスケットボール部は、皆さんを応援しております。頑張ってください。
 
 
*最近・・・ 
 5月3日~4日に行われた「春日部カップ」に参加するために本校合宿所に泊まっていただいた、旭川市立東光中学校の女子バスケットボール部の顧問の先生と主将の生徒さんからお礼の手紙をいただきました。
 
 皆さんは最近、手書きの手紙をいただいたことがありますか?私も年賀状でさえ、テンプレートを選んで、少し文章を変えたりしながら、家庭で宛名まで印刷して投函することが増えています。
 
 今回の東光中学校主将の生徒さんからの手紙が手書きの文章でした。我々は、何か特別なことはしていませんが、感謝されていたことが伝わる手紙でした。本当に嬉しかったです。手書きによる感謝の手紙というものは、とても素敵なものであることを再確認させていただきました。ありがとうございました。
 
 旭川市立東光中学校女子バスケットボール部さんを埼玉県から応援しています。
 
 
 チームのスローガン 「 Challenge everything 
 

男子バスケットボール部(5月①)

 5月3日(水)から7日(日)のゴールデンウィークは、関東大会東部支部予選は続いていましたが、本校は敗退していましたのでインターハイ予選に向けた「強化週間」として活動しました。
 
 5月3日(水)八潮市を中心に活動しているクラブチーム「ブリザード」の選手たちと合同練習と練習試合を行いました。指導者の方からいただいた課題(オファー)を解消するための練習方法や攻撃方法などを一緒に活動しました。「ブリザード」の選手たちのまっすぐな目と一生懸命さに、高校生もその模範となれるように頑張らなくてはと思いました。

 5月4日(木)フィジカルトレーニングコーチの梅原さんによるトレーニングを行いました。1年生にとっては初対面、初体験となりました。午後1時からみっちり4時間半ほどトレーニングを実施しました。始まったときはキョロキョロしていた1年生の選手たちも、終わるころには真剣な顔つきで梅原さんの話を聞いていました。
 
 5月5日(金)2・3年生と1年生の数名を連れて、千葉県立八千代西高等学校へ遠征いたしました。午前中は、合同練習をして、午後は練習試合を行いました。練習ではファンダメンタルを中心にオフェンス・ディフェンスともに多くのスチルについて触れたうえで、午後の練習試合を行いました。八千代西高校のスタッフ・選手の皆さん、大変お世話になりました。
 
 5月6日(土)春日部カップに参加していた中学校のための練習試合の会場として、庄和高校の体育館を使用してもらいました。チームを2つに分け、午前組は7:45から会場の作成とトレーニングを実施し、午後組は15:30からトレーニングと会場片付けを実施しました。
 
 5月7日(日)本庄市のエコーピアに遠征しました。5日と同じく2・3年生と1年生数名を連れて行きました。杜若高校、日大東北高校、熊谷高校、本庄第一高校と練習試合をさせていただきました。選手たちは多くのことを経験し、学べたと思います。各高校のスタッフ・選手の皆さん、大変お世話になりました。
 
 ゴールデンウィークも過ぎれば中間考査があり、その先にはインターハイ予選が5月27日から始まります。準備できることはすべて準備して、大会に参加したいと思います。

 『 When there is tomorrow 
   明日が来る時のために

男子バスケットボール部(試合結果)

 平成29年度関東高等学校バスケットボール大会埼玉県東部支部予選が、4月22日~5月4日まで行われました。庄和高校男子バスケットボール部は、4月23日に1回戦を行いました。
 詳しくは、東部支部高体連バスケットボール専門部のホームページをご覧ください。http://saitama102basket.web.fc2.com/
 
 4月23日(日) 会場:羽生第一高校体育館
 庄和高校 63 対 68 三郷北高校
  (10-20・21-12・19-16・13-20)
 
 以上の結果、1回戦敗退となりました。
 試合会場に応援に来ていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
 
 
 昨年秋の新人戦から約5か月経ち、庄和高校の2・3年生はどのような成長ができたのか?短い期間でしたが、新1年生との融合はできたのか?たくさんの期待をもちながら試合にのぞみました。
 試合の序盤は、いつも通り?緊張と選手たちの人の好さから相手に合わせてしまったり、やられた後にやり返す「後手」にまわってしまい10点差。第2ピリオドから、新1年生を含む、1・2年生チームで「怖いものなし」「失うものなし」の勢いで点差を追いつきました。ゲームの終盤は、3年生を中心とするチームで試合を行いましたが、力及ばず敗退となりました。
 
 収穫はたくさんありました。でも試合をするからには、「勝ちたい」と思うのが選手・スタッフ・チームです。勝利を収めるために今しなければならないことは何なのか?足らないことや必要なことは何なのか?インターハイ予選まで1か月、しっかり取り組んでいきましょう。

 チームのスローガン 「 Challenge everything 

男子バスケットボール部(4月)


 4月10日(月)に始業式・入学式が行われ、平成29年度も始まりました。庄和高校男子バスケットボール部の平成29年度の始めといえば、4月21日(金)の『本入部』をもって平成29年度が始まりました。
 
 3年生7名、2年生4名、1年生16名の選手27名と、3年生2名、2年生1名、1年生3名のマネージャー6名の合計33名の男子バスケットボール部としてスタートを切りました。
 
 顧問としては、2年目となりました。1年目と同様にチームのスローガンは、
「 Challenge everything 」 すべてのことにチャレンジする。

 1年目の活動から築き始めたチームの土台をさらに広げることと、丈夫な土台となるようにしていきたいと思っています。チームの新たなチャレンジとチームの成長に期待してください。本年度も応援よろしくお願いいたします。
 
 『 When there is tomorrow 
   明日が来る時のために