日誌

【バドミントン部】5/4.5 総体予選(ダブルス)

 

 

 

 

 

この大会にすべてをかけ、「県大会出場(ベスト16)」を目指してここまで活動してきました。

 

 

結果的にはあと一歩届かず、東部地区ベスト32(代表決定戦敗北)が最高の成績となりました。

 

 

県大会出場の壁は高いと改めて感じさせられました。各ペア最高の準備をしてきたと思います。前日練習では、本番を想定してあえて昼食を摂ってから体を動かしたりと工夫をして取り組みました。(この時もほとんどのペアが残り練習したことに感動しました。)

 

なにか」が足りなかったのは間違いありません。その「なにか」を見つけられなかった顧問の責任です。

 

 

それぞれ感じたことは様々だと思います。そこで感じたことを大切にして下さい。

普段やっていないことはできない。大会で力を出すために、県大会に出るために日頃の練習があるということをまた改めて実感してくれたのではないかと思います。今回の経験を是非、出場できなかった部員に還元してほしいと思います。

 

 

5/10.11には高校生活最後の大会がやってきます。

2年生には「強い気持ち」「チャレンジ」

3年生には「意地」「プライド」

それぞれテーマに向かっていってほしいと思います。

 

 

岩崎(春日部中)・岡村(葛飾中) ベスト32(代表決定戦敗北)

山下(杉戸中)・武澤(杉戸中)  ベスト64