男子バスケットボール部

男子バスケットボール部(卒業生に向けて⑤完)


 令和2年3月12日(木)、埼玉県立庄和高等学校 第38回卒業証書授与式が行われます。
 男子バスケットボール部においては、11名の選手と3名のマネージャーが卒業いたします。
 
 ご卒業、おめでとうございます。
 
 新型コロナウイルス感染症の対策の中で行われることになった『卒業式』となります。顧問の私としては、ともに庄和高校をもっと良い学校・もっと良い部活動に変えていける選手たちであると、入学前から期待していました。彼らに対するおもい入れはとても強いです。地区大会を勝ち抜き優勝できたこと。埼玉県を勝ち抜いて関東大会に出場できたことは、奇跡と言っても過言ではないと思います。一生懸命取り組んでくれた選手たちに感謝しております。
 
 最終的には、埼玉県大会の3大会連続3位と関東大会まで行けたのは、どんな時もサボることなく、コツコツと努力をし、あきらめなかったキャプテンの岩浪君がいたからこそ、成し遂げられたと思っています。さらに本日、岩浪君が 『 体育優良児童生徒表彰 』 を卒業式の中で受けることになっています。
 
 卒業生たちが残してくれた財産が、現在の庄和高校のバスケットボール部に大きな影響を与えてくれています。卒業生たちに良い報告ができるように現役選手たちとともに頑張りたいと思います。
 
 いろいろな進路に進む38期生達が、社会の一員として、貢献できる人物であると信じています。
 
【 世に生を得るは、事を成すにあり 】 

 解釈はたくさんあるようですが、「人がこの世に生まれてくるのは、【何かを成し遂げるためだ】というのである。どんなことであれ目標をもって生きることが、人生を意義あるものにしてくれる。」 

 皆さんの活躍に期待しています。『 がんばれ、卒業生 』
 
 保護者の皆様、3年間大変お世話になりました。

 本日の卒業証書授与式の後に、直接会うことができればと思っていましたが、卒業生と教職員のみの卒業証書授与式となってしまいましたので、非常に残念な気持ちでおります。皆様のご協力に感謝いたしております。顧問として至らないことも多々あったかと思います。ご迷惑をおかけいたしました。3年間の部活動に対するご理解とご協力、ありがとうございました。

 

 私(顧問)は、第38回卒業証書授与式の司会を仰せつかりました。保護者の皆様の分も気持ちを込めて送り出したいと考えております。卒業証書授与式等の様子(写真)は、後日ご報告させていただきます。

 

 

『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために