男子バスケットボール部

男子バスケットボール部(5月26日)

 5月26日(火)本日の埼玉県立庄和高等学校では、昨日の「緊急事態宣言の解除」を受け、6月1日(月)学校再開に向けた職員会議等が行われています。

  

 「学校再開について」

 6月1日(月) から学年等に分散した登校(分散登校)から開始し、通常登校に向けて段階的に週あたりの登校日 を増やしていく。

  分散登校については次のとおりとする。

 (1) 6月1日(月)から6月7日まで、生徒1人につき週1回登校

 (2) 上記(1)の状況を踏まえて、6月8日(月)から生徒1人につき週2~5回登校

 (3) 教育委員会が移行期間の状況を踏まえ通常登校の指示があるまでは分散登校を行う。

 

 上記の内容から、現段階では6月22日(月)から通常登校を予定しているということになります。

 

 

 「部活動の再開について」

 「学校再開に向けたガイドライン」より

 

 ア 通常登校が再開されるまで、実施しないこと。

 イ 通常登校後の、当面の実施方法は以下のとおりとする。

 (ア)生徒の体力等の状況を考慮して、再開当初の活動を週3回程度かつ1回の活動を60分程度

    とする等、活動の頻度や強度を落とした計画をたてること。

 (イ)活動の内容について、身体接触を伴う運動や活動及び更衣や準備の時間に「3密」となる状況

    を避けるための 工夫をすること。

 (ウ)生徒の参加については、活動計画等を保護者と生徒に周知し、生徒に参加を強制することは

    絶対にしないこと。

 ウ 部活動の活動場所については、屋外の実施が望ましい。

 (ア)屋内で行う場合は窓を全開にすることや道具の消毒等を徹底するとともに、十分な身体的距離

    を保てるように少人数での活動とすること。

 (イ)多数の生徒が集まり呼気が激しくなるような運動や、大声を出す活動は絶対に避けること。

 エ 部活動を再開するに当たっては、近隣の病院の状況を考慮し、熱中症や不慮の事故等への対応の可否について確認すること。

 

 以上のようになっており、6月22日(月)から上記のような注意事項や留意事項を守り、部活動の再開となる予定です。当面の期間というのは、1~2週間程度だそうです。

 

 

 5月26日の17:30 体育館2階アリーナの様子です。

 一人、黙々とシューティングをする副顧問の新屋先生です。

 皆さんのお相手をするために鍛錬しておられます。(笑)部員の皆さんは、心して登校するように!!

 

 

 本日の時点で皆さんに伝えられる内容は以上です。

  

 

 今まで通りの部活動となるまでには、まだまだかかりそうです。引き続き、新型コロナウイルス感染症の感染状況を悪化させないように努力しなければならないということです。学校再開となる6月の詳細日程を確認し、いつ授業が再開されてもいいように準備をしましょう。これまでの課題を終わらせておくこと。(笑)

 

  

 今、未知のウイルスと闘い、その最前線で日々働いていらっしゃる医療従事者の皆様に感謝いたしております。皆様のおかげで、「新型コロナウイルス感染症」の拡大が防げていることは事実です。私たちにできることは限られていますが、協力を惜しみません。

 また、市民の日常生活を支えるために働いている方々にも同様に感謝をいたしております。感染するリスクを背負いながらも、商品を作り、商品を運び、商品を売る方々に頭が上がりません。本当にありがとうございます。 

 

 「 継続は力なり 」

 

 

    「 Keeps going and  going and going 
      ずっと、ずっと、ずっと前進する。