男子バスケットボール部

男子バスケットボール部(5月23日)

 5月23日(土)朝は、曇り空ですが湿度が高いようです。最近の顧問は、海外ドラマを視聴するためにレンタルビデオ屋さんと仲良くしています。(笑)

 

 まもなく、6月1日の学校再開を迎えそうです。4月からの課題は終わっていますか?(笑)各学年ともに、出されている課題をしっかり終わらせておくことは、生徒としてやらなければならない最低限のこととしましょう。まさか、課題の未提出や「やっていない」などの指導が入ることのないようにしましょう。

 

 本日は、臨時休業の間にぜひ見てもらいたい、お勧めしたいスポーツの映画が2本あります。もしよければ、レンタルビデオ等で視聴してもらいたいと考えています。 

 

 1本目は、「コーチ・カーター」です。カリフォルニア州・リッチモンド高校バスケットボールコーチのケン・カーターの実話を題材としている映画です。少々、アメリカの高校生たちを取り巻く環境や2000年頃の社会情勢なども入っているので、単純に日本の高校生と比べられませんが、この映画を見て感じるものや得られるものはたくさんあると思っていますのでお勧めします。

 

 2本目は、「ルディ/涙のウイニング・ラン」です。インディアナ州にある名門大学ノートルダム大学のアメリカンフットボールチーム「ファイティング・アイリッシュ」に憧れていたルディ・ルティガーさんの経験を元に作成された映画です。真剣にスポーツと向き合っている人やスポーツをこよなく愛している人たちが見ていただくと、必ず感動してくれると思います。学生スポーツが持っている「学業」や「仲間」、「限られた時間」といった部分については、どなたが見ても納得できる作品であると確信しています。

 

 2本の映画は、我々のモチベーションを上げてくれるものであると確信しています。この機会にぜひ視聴してみてください。来週は、6月からの学校生活についていろいろと見えてくるでしょう。その度に報告したいと考えています。今しばらくの我慢です。頑張りましょう。

 

   

 今、この時も非常に強い感染力を持つ、「新型コロナウイルス感染症」と向き合っている医療従事者の方々に感謝するとともに、私たちは家にいて感染を防ぐことで、医療従事者の方々を支えることができます。

 また、新型コロナウイルス感染症の感染状況が落ち着き、感染者の方々が回復されることを祈っています。

 体調の管理、体力面の維持、メンタルヘルスケアなど一流を目指すこと。

 今、私たちにできることをしっかりやりましょう。 

 

 

 

    チームのスローガン 「 Challenge everything 」