野球部活動報告

【野球部】OBからのメッセージ②

夏季埼玉大会に向けて、OBからのメッセージが届きましたので、ご紹介します。コロナウイルス感染症で人とのつながりが薄れる部分もありますが、野球を通じて熱いメッセージを送ってきてくれたことに感謝です。

 

37期生主将 景山 雄太(野田川間中学校【庄和シニア】)

① 就職先 

埼玉県警察

 

② 野球部に入った理由

庄和高校の野球部を強くしたかったから。

 

③ 思い出

良かった点は、部員が1人も欠けずにやりきれたこと。

辛かった点は

①1,2年生での夏の選手権大会で自分自身のミスで負けてしまったこと。

②自分の結果が出なくてチームに迷惑をかけたこと。

③キャプテンとしての役割を果たせなかった部分(私は十分、やってくれたと今でも思います!)

どのように乗り越えたか

①過去は変えられないので、3年生で頑張ろうと思いました。

②チームに迷惑をかけることがいけないのではなく、カバーリングが大切!みんなをカバーしようと思いました。

③チームの先頭に立って何かをすることはできませんでしたが、チームの柱として、支えようと考えました。

 

④ 野球部で学んだこと

今まで、前に立って何かをするということはなく、やる勇気もありませんでした。野球部でキャプテンとして、私を立たせてくれた、監督やチームメイトのおかげで、チームについて真剣に考えることや前に立って何かをするということの難しさを学ぶことができました。

 

⑤ 後輩へのメッセージ

休日等遊べなくて大変かもしれませんが、高校生活でできる部活というものは、遊ぶことよりも大きなことを得ていると思います。今は、気づけませんが、社会人になった今、楽しかったな!戻りたいなと感じます。きっと皆さんもそう感じるはずです。今を後悔なく生きてください。

 

⑥ 夏季大会にむけてのメッセージ

夏の大会ができないことについては、言葉が出ません。しかし、これも人生だと思います。この大会で3年間の全てをぶつけてきてください。応援しています。

そして、後輩たちは、3年生からたくさんのことを学んでください。

 

埼玉県警察 景山 雄太