野球部活動報告

【野球部】選手と直接会って話がしたい

【選手と直接会って話がしたい】

 今回のタイトルは、高校野球ドットコムで紹介されていた上尾高校の高野監督や大宮東高校の河西監督のコメントの一文になります。強豪校の監督もコロナ禍で活動自粛で対処されていて、メールや電話で伝わらない、生徒の表情や声から伝わる思いや生の声が重要であることを改めて、感じました。

 さて、本校でも分散登校ではありますが、久しぶりに3年生の野球部員1人ひとりと話しをすることができました。休校中の生活や野球への思い、今後の野球部の予定、進路に関わることを再確認することができました。私が思っていた以上に、生徒達は自分で考えて工夫しながら野球に関わり「家の前で素振りを続けてきました。」「近くの公園でキャッチボールをしてました。」「最近バッティングセンターに行くことができました。」など聞くことができました。また、3年生については、大事な進路についても考えて「野球と公務員試験勉強の両立が不安」「時間を作って勉強を続けていきたい」という思いも話していました。生徒達は、野球と進路実現に向けて走り続けていく覚悟です。時間の使い方も今まで以上に計画的に行っていく必要がありますが、3年生の最後の花道を作っていけるようにサポートしていく覚悟です。

 

高校野球ドットコム

https://www.hb-nippon.com/column/541-gene/14615-20200603no119