男子バスケットボール部

男子バスケットボール部

男子バスケットボール部(近況報告①)

 
 9月2日(月)始業式が行われ、いよいよ2学期が始まりました。
 
 6月のインターハイ予選終了後に3年生が11名中7名が引退し、大学進学を希望している選手たち4名がウインターカップ埼玉県予選に参加するため、1・2年生とともに夏休みの練習や強化試合をこなしてきました。
 
 本日、3年生11名の保護者の方々から、大変嬉しいプレゼントが届きました。
 
  
 
 我々のチーム愛称である「ポーラーベアーズ」、そしてチームのユニホーム等に採用しているロゴマークを2m×5mの部旗にしていただきました。9月7日(土)のウインターカップ埼玉県予選にてお披露目となります。
 
 チームの選手・スタッフともに大変感謝しております。これから代々、大切に扱ってまいります。3年生11名の保護者の皆さま、ありがとうございました。
 
庄和高校の予定
  大会名称  全国高等学校バスケットボール選手権大会埼玉県予選
  日  時  9月7日(土) 14:30(トスアップ予定)
  場  所  越谷市立総合体育館
  対戦相手  県立大宮東高等学校
 
  *応援よろしくお願いいたします。
  *会場へは、公共交通機関をご利用ください。
 
 
   Keeps going and  going and going 
    ずっと、ずっと、ずっと前進する。
   

男子バスケットボール部(9月1日)

 9月1日(日) 夏休みも残り1日
 
 本日は、9:00から12:00と13:30から17:00までの2部練習となり、流通経済大学付属柏高等学校さんとディフェンスをテーマに合同練習となりました。
 
 1週間後のウインターカップ埼玉県予選に向けて、3年生の持つ課題と1・2年生の持つ課題について解決するために、本日の練習はとても良い練習になりました。3年生は、試合の勘は悪くないのですが、持久力に難ありです。体力的な持久力はもちろんのこと、心の持久力(我慢すること、耐えること)も足りていません。1日練習、ディフェンス練習となれば、必然的に持久力は求められます。
 1・2年生たちは、5日間の休み前の状態に戻すためにどこかで荒療治という刺激を入れたいところに、千葉県のチームとの合同練習のお話があり、本当にありがたかったです。流経柏高校の選手・スタッフの皆さまありがとうございました。
 
 情けないことに足がつってしまう選手、明らかにパフォーマンスが落ちてしまった選手など、庄和高校の選手たちが未熟さを感じさせられる場面が多数ありました。新たな課題、これまでの課題、そしてウインターカップ埼玉県予選に向けた調整とやるべきことは多数ありますが、1つずつステップアップして前進したいと思います。
 
 夏休み、本校の選手たちはよく頑張りました。2学期が始まりますが、学校が始まっても頑張りましょう!!
 
 宿題・課題終わっていますか?(笑)
 
庄和高校の予定
  大会名称  全国高等学校バスケットボール選手権大会埼玉県予選
  日  時  9月7日(土)
  場  所  越谷市立総合体育館
  対戦相手  県立大宮東高等学校
 
  *応援よろしくお願いいたします。
  *会場へは、公共交通機関をご利用ください。
 
 
  チームのスローガン 「 Challenge everything 」 

男子バスケットボール部(8月31日)

 8月31日(土) 夏休みも残り2日!
 
 本日は、8:30からU-15のクラブチームとの練習試合とチームスキルとしてディフェンスの確認を行いました。
 
 5日間の休養日明けとなりました。シュートは全く入らず、ボールは手につかず、身体はいうことをききません。そこにきてU-15のクラブチームの選手たちは、バスケットボールに対する意識の高さ、積極的にチャレンジする勇気を持っていて、身体もキレッキレでした。
 休み明けの寝ぼけた高校生たちに、とっても刺激的な薬をいただけました。ありがとうございました。高校生たちの経験値や身体の大きさにより負けることはありませんでしたが、彼らから学ぶことは多かったような気がします。
 
 11:00過ぎに練習試合が終わったので、ディフェンスのトレーニングを実施しました。練習試合や公式戦で目立ったディフェンスの悪い習慣やくせについて説明し、修正のための練習を実施しました。
 12:30には全体の練習は終了となりました。
 
 明日は、流通経済大学付属柏高等学校さんとの合同練習となっています。ディフェンスをテーマに1日練習する予定です。
 
庄和高校の予定
  大会名称  全国高等学校バスケットボール選手権大会埼玉県予選
  日  時  9月7日(土)
  場  所  越谷市立総合体育館
  対戦相手  県立大宮東高等学校
 
  *応援よろしくお願いいたします。
  *会場へは、公共交通機関をご利用ください。
 
 
『 
When there is tomorrow 
    明日が来る時のために

男子バスケットボール部(8月25日②)

 8月25日(日) 第7クール 最終日
 
 顧問のぼやき
 本日は、上位リーグ第3戦を越谷西高校と行いました。越谷西高校は、昨年度、埼玉県の8シード校を撃破し、勢いと実力を兼ね備えた公立高校です。この夏も2度練習試合を行い、お互いに切磋琢磨しながら成長させていただいています。
 スーパースコアラーを擁し、サイズのあるインサイドプレーヤーもいて、アウトサイドのプレーヤーは、シュート力もある。バランスの良い越谷西高校のどこを抑えて、どこを崩すのか?どのようなことがあっても、試合終了まであきらめないこと。失敗を怖がらず、どんどんチャレンジすること。最後に1勝してこの大会を終わりたいといったミーティングを行い、さあ!試合開始!
 
 本日の試合、センターが32点、エースが31点と2年生のスコアラーが安定していたこと。要所を抑えて1オン1をしっかり守ったこと。1クォーターごとに7~8点リードしたこと。このリードは必然といえます。本日も、後半のテーマとして『 我慢 』をあげました。ゾーンディフェンスを用いてファウルの多いプレーヤーの負担軽減をしながら、試合をコントロールすること。終わってみると約30点差、3連戦の疲れも見える中、よくできました。
 越谷西高校の選手・スタッフの皆様、ありがとうございました。
 
 この大会期間を通してたくさんの方々に応援していただきました。保護者、本校3年生の部員、部活動体験に来てくれた中学3年生達たち、、、皆さんに感謝しております。
 毎試合感じています。3年5か月前、転勤したばかりの部活動の様子から、現在のようにたくさんの方々に応援されるこの様子を顧問は想像できませんでした。本当に選手・スタッフは恵まれています。これからも、さらに応援されるチームを目指し、チームの全員で取り組んでいきます。よろしくお願いいたします。
 
 上位リーグ戦の結果は、1勝2敗の 『 第3位 』でした。
 昨年は3敗の 「4位」 でしたので、ステップアップできました。
 優秀選手には、2年生(キャプテン)大保伊織君が選ばれました。
 
 庄和高校の選手たちは、よく頑張りました。
 宿題も完成できるように頑張れ!!
 
 明日から5日間のOFFとなります。顧問の『1188(良いパパ)大作戦』決行のため(笑)
 8月31日(土)8:30~ 本校体育館にて練習となります。
 
 

  
 Keeps going and  going and going 

    ずっと、ずっと、ずっと前進する。
   

 

男子バスケットボール部(8月25日)

庄和高校男子バスケットボール部は、8月17日(土)から『    夏季東部支部選手権大会    』に参加しています。 詳しくは、埼玉県高体連バスケットボール専門部・東部支部のホームページをご覧ください。  
 http://saitama102basket.web.fc2.com/
 
 
 8月25日(日) 会場:八潮高等学校
 庄和高校 97 対 63 越谷西高校
    (24-16,26-15,23-17,24-15) 
 
本日も試合会場に応援に来ていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。皆さんの応援感謝しております。

  チームのスローガン 「 Challenge everything 」 

 

男子バスケットボール部(8月24日②)

 8月24日(土) 第7クール 第7日
 
 顧問のぼやき
 本日は、上位リーグ第2戦を春日部高校と行いました。春日部高校は、埼玉県の公立高校の雄であり、学校としても、バスケットのチームとしても伝統校であり、強豪チームの一つです。庄和高校の選手たちがどこまでチャレンジできるのかを毎回楽しみにしています。
 しっかりと守り、しっかりとバスケットボールをつくってくる春日部高校のスタイルは、この時期にして今年の東部地区をリードする素晴らしいチームであること。どのようなことがあっても、試合終了まであきらめないこと。失敗を怖がらず、どんどんチャレンジすることといったミーティングを行い、さあ!試合開始!
 
 本日の試合、1オン1をしっかり守られ、苦しいシュートを打たされた庄和高校。しっかりシュートセレクトをして得点を積み重ねる春日部高校。前半で16点リードされて折り返しました。このリードは必然といえます。しかし、後半のテーマとして『 我慢 』をあげました。ゾーンディフェンスを用いて試合のペースを変えること。シュートを打たれる場所をできる限り外にしたいこと。(=リバウンドからアーリーオフェンスを仕掛けるため)第4クォーター、選手はもう一度マンツーマンディフェンスに切り替えて奮闘しました。あきらめずにボールを追っていました。終わってみると12点差。もう少しチームとして、何かができたのではないかと反省しています。
 春日部高校の選手・スタッフの皆様、ありがとうございました。
 
 ベスト4となり、本物のチャレンジャーになれていると思います。あきらめない心を持った選手となれていると思います。思っていることが、確信に変わるまで、選手とともに追求したいと考えています。あと1試合、上位リーグ戦に参加させていただいていることに感謝しています。どんな結果であろうとも、その先にある大きな目標に向かっていけるような試合にしたいと思っています。
 
 大会期間中のテーマは、『 Always Be Challenger 』 (つねに挑戦者であれ!)です。
 
 選手とともにあと1試合、頑張りたいと思います。
 
庄和高校の予定
  大会名称  夏季東部支部選手権大会
  日  時  8月25日(日)
  場  所  八潮高等学校
  対戦相手  越谷西高等学校
 
  *応援よろしくお願いいたします。
  *会場へは、公共交通機関をご利用ください。
 
 
『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために

男子バスケットボール部(8月24日)

庄和高校男子バスケットボール部は、8月17日(土)から『    夏季東部支部選手権大会    』に参加しています。 詳しくは、埼玉県高体連バスケットボール専門部・東部支部のホームページをご覧ください。  
 http://saitama102basket.web.fc2.com/
 
 
 8月24日(土) 会場:越谷東高等学校
 庄和高校 71 対 83 春日部高校
    (16-28,19-23,13-24,23-8) 
 
本日も試合会場に応援に来ていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。皆さんの応援感謝しております。次戦に向けて、調整をしっかりしていきたいと思います。応援よろしくお願いいたします。

庄和高校の予定
  大会名称  夏季東部支部選手権大会
  日  時  8月25日(日)
  場  所  八潮高等学校
  対戦相手  越谷西高等学校

  
 Keeps going and  going and going 

    ずっと、ずっと、ずっと前進する。


 

 

男子バスケットボール部(8月23日②)

 8月23日(金) 第7クール 第6日
 
顧問のぼやき
 本日は、上位リーグ第1戦を昌平高校と行いました。昌平高校とは、埼玉県のトップチームとして20年以上君臨する強豪チームの一つです。指導者の畔川先生は、我々指導者の目標であり、庄和高校の選手たちがどこまでチャレンジできるのかを毎回楽しみにしています。
 1人1人のスキルや経験値、身体のサイズなど挙げればきりがないくらい負けている要素ばかりですが、『 1+1=5の理論 』 (顧問がよく話をしている内容です。協力すれば単純足し算よりも大きな成果を出すことができる!のたとえ話)であったり、全員が100%の力を発揮できたら、どのような結果が待っているのか?といったミーティングを行い、さあ!試合開始!
 
 本日の試合、前半の試合は80点でした。3点リードで折り返しましたが、点数よりも5人でよく考え、全力でディフェンスをしていたことが80点の要因です。素晴らしい試合運びだったと思います。しかし、後半のテーマとして自分たちでコミュニケーションをとって主体的に試合を行うように仕向け、顧問が1から10までしゃべるのを抑えて、推移を見守ろうと考えていたところ。昌平高校のシューターたちの3ポイントが落ちないというか、良いリズムで放たれるシュートがことごとく入り、前半よりも少しディフェンスを外まで頑張り、3ポイントを何とかしようとすれば、ゴール下で攻められ、追いつこうと無理なシュートを庄和高校が放てば、リバウンドから速攻へ、そしてレイアップシュートがほとんど前半はなかったのにたくさん入れられてしまいました。10分で4-42。結構ショックでした。第4クォーター、選手はよく切り替えて奮闘し、24-20。悔やまれるのは第3クォーターということになります。もう少し何かができたのではないかと反省しています。選手たちの悔しそうな顔を忘れません。
 昌平高校の選手・スタッフの皆様、ありがとうございました。
 
 ベスト4となり、本物のチャレンジャーになれていると思います。あきらめない心を持った選手となれていると思います。思っていることが、確信に変わるまで、選手とともに追求したいと考えています。あと2試合、上位リーグ戦に参加させていただいていることに感謝しています。どんな結果であろうとも、その先にある大きな目標に向かっていけるような試合にしたいと思っています。
 
 大会期間中のテーマは、『 Always Be Challenger 』 (つねに挑戦者であれ!)です。
 
 選手とともに1試合ずつ勉強していきたいと思います。
 
庄和高校の予定
  大会名称  夏季東部支部選手権大会
  日  時  8月24日(土)
  場  所  越谷東高等学校
  対戦相手  春日部高等学校
 
  *応援よろしくお願いいたします。
  *会場へは、公共交通機関をご利用ください。
 
 
  チームのスローガン 「 Challenge everything 」
 

男子バスケットボール部(8月23日)

庄和高校男子バスケットボール部は、8月17日(土)から『    夏季東部支部選手権大会    』に参加しています。 詳しくは、埼玉県高体連バスケットボール専門部・東部支部のホームページをご覧ください。  
 http://saitama102basket.web.fc2.com/
 
 
 8月23日(金) 会場:越ヶ谷高等学校
 庄和高校 70 対 101 昌平高校
    (19-24,23-15,4-42,24-20) 
 
本日も試合会場に応援に来ていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。皆さんの応援感謝しております。次戦に向けて、調整をしっかりしていきたいと思います。応援よろしくお願いいたします。

庄和高校の予定
  大会名称  夏季東部支部選手権大会
  日  時  8月24日(土)
  場  所  越谷東高等学校
  対戦相手  春日部高等学校
 
 
『 
When there is tomorrow 
    明日が来る時のために

男子バスケットボール部(8月22日)

 8月22日(木) 第7クール 第5日

 本日は、試合の合間となっており、学校にて11:30から1時間程度、ビデオを視聴したり、スタッツの確認などを行い、13:00から15:00まで練習となりました。
 昨日までの反省をいかした練習、明日からの試合に向けた練習、調整を兼ねた試合感覚を維持するための練習などおおまかに3つのテーマを持って練習を行いました。
 
 3年生たちの力を借りながら、ゲーム中にできなかったことの確認を行いました。ここからは、必死に戦ってもなかなか結果が出なかったり、苦しい試合が続くことでしょう。昨年度もここから3連敗でした。今できることのすべてを、その日の1試合に出していけるようにしていきたいと思います。
 
 大会期間中のテーマは、『 Always Be Challenger 』 (つねに挑戦者であれ!)です。
 
 選手とともに1試合ずつ勉強していきたいと思います。
 
庄和高校の予定
  大会名称  夏季東部支部選手権大会
  日  時  8月23日(金)
  場  所  越ヶ谷高等学校
  対戦相手  昌平高等学校
 
  *応援よろしくお願いいたします。

  *会場へは、公共交通機関をご利用ください。
 
 
   Keeps going and  going and going 
    ずっと、ずっと、ずっと前進する。