男子バスケットボール部

男子バスケットボール部

男子バスケットボール部(5月17日)

 庄和高校男子バスケットボール部は、関東高等学校バスケットボール大会埼玉県予選会に5月11日(土)から参加をしています。5月17日は、3回戦(ベスト4決め)関東大会出場決定戦を行いました。
 詳しくは、埼玉県高体連バスケットボール専門部のホームページをご覧ください。  
 http://hs.saitamabasketball.com/ 
 
 5月17日(金) 会場:越谷市立総合体育館
 庄和高校 78 対 63 川口北高校
    (5-19,20-10,24-11,29-23)
 
 以上の結果、3回戦を突破し、埼玉県ベスト4となりました。
 そして、初の関東大会(山梨県開催)出場が決定しました。
 
 本日も試合会場に応援に来ていただいた保護者の皆様、卒業生やOBから小さなお子様まで、ありがとうございました。皆さんの応援感謝しております。詳しくは、後日あらためて報告させていただきます。
 
庄和高校の予定
  日  時  5月18日(土)11:30(トスアップ予定)
  場  所  越谷市立総合体育館
  対戦相手  埼玉栄高校(第2シード)

  *応援よろしくお願いいたします。
  *会場へは、公共交通機関をご利用ください。
 
 
 『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために   
 

 

男子バスケットボール部(5月12日)

 庄和高校男子バスケットボール部は、関東高等学校バスケットボール大会埼玉県予選会に5月11日(土)から参加をしています。5月12日は、2回戦(ベスト8決め)を行いました。
 詳しくは、埼玉県高体連バスケットボール専門部のホームページをご覧ください。  
 http://hs.saitamabasketball.com/ 
 
 5月12日(日) 会場:上尾運動公園体育館
 庄和高校 81 対 63 慶應義塾志木高校
    (18-17,25-18,18-7,20-21)
 
 以上の結果、2回戦を突破し、埼玉県ベスト8となりました。
 
 本日も試合会場に応援に来ていただいた保護者の皆様、卒業生やOBから小さなお子様まで、ありがとうございました。皆さんの応援感謝しております。
 
庄和高校の予定
  日  時  5月17日(金)14:30(トスアップ予定)
  場  所  越谷市立総合体育館
  対戦相手  県立川口北高校

  *応援よろしくお願いいたします。
  *会場へは、公共交通機関をご利用ください。
 
 
  
 Keeps going and  going and going 

    ずっと、ずっと、ずっと前進する。
 


 

男子バスケットボール部(5月11日)

 庄和高校男子バスケットボール部は、関東高等学校バスケットボール大会埼玉県予選会に5月11日(土)から参加をしています。5月11日は、1回戦を行いました。
 詳しくは、埼玉県高体連バスケットボール専門部のホームページをご覧ください。  
 http://hs.saitamabasketball.com/ 
 
 5月11日(土) 会場:上尾運動公園体育館
 庄和高校 116 対 55 所沢西高校
    (30-8,23-19,34-14,29-14)
 
 以上の結果、1回戦を突破し、埼玉県ベスト16となりました。
 
 本日も試合会場に応援に来ていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。皆さんの応援、心強かったです。
 
庄和高校の予定
  日  時  5月12日(日)13:00(トスアップ予定)
  場  所  上尾運動公園体育館
  対戦相手  慶應義塾志木高校

  *応援よろしくお願いいたします。
  *会場へは、公共交通機関をご利用ください。 
 
 
  チームのスローガン 「 Challenge everything 
 

男子バスケットボール部(4月)

  4月に入り、春休みの疲れが出始めるところで、強豪校やフィジカルトレーニングなど、逃げ出したくなるほどきつい状況や、厳しい状況になってきました。1人1人の頑張り、チームとしての役割や課題について、全員で取り組めていたと思います。
 
 新年度が始まり、怪我をしていた選手や、疲れがたまった選手たちのリフレッシュからスタートしました。新入生が入学し、部活動紹介や体験入部期間があり、14名の選手と3名のマネージャーが入部しました。これからの活躍に期待したいと思います。
 
 4月中は、県外チームとの練習試合を週末に行いました。新島学園(群馬県)、流通経済柏(千葉県)、匝瑳高校(千葉県)、科学技術学園日立(茨城県)等、皆様大変お世話になりました。
 5月11日(土)から始まる、関東大会埼玉県予選に向けて、確実に準備を進めたいと思います。応援よろしくお願いいたします。

 かたつむりの歩みは、決して止めない! 止まらない!!
 
 
 『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために   

男子バスケットボール部(4月4日~6日)

 春季休業中の庄和高校男子バスケットボール部は、『3勤1休』3日間、練習や練習試合などを行い、1日OFFを入れる4日間のパッケージにして予定を組みました。
 
 春季休業中を通じて、チームの現在位置を把握し、強化試合を多数予定して、課題としていることや苦手としていることに対する改善を目的としています。
 選手個人には、スキルアップを考えて取り組んできたことに対する自己評価をしてもらい、継続するべきことと、改善をしなければならないことに気づいてもらうことが目的となります。 
 
 4月4日(木)から4月6日(日)の3日間は、通常の練習と練習試合、中学生たちとの合同練習を実施しました。
  4日 : 午前:練習(8:30から13:00)
  5日 : 午後:練習試合(大宮北高校、川越工業高校)
  6日 : 午前:合同練習(春日部市立葛飾中学校)
 相手をしていただいたチームのスタッフ・選手の皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました。
 
 ハードゲームの中から見つけた課題を、選手たちに理解させ、意識した練習をするいい機会を得た3日間でした。チームの現在地からさらなる高みを目指して、一つずつステップアップしていきたいと考えています。5日には、「埼玉カップ」の会場となる上尾運動公園体育館の試合会場準備を行った後、練習試合をさせていただきました。大宮北高校、川越工業高校のスタッフ・選手の皆様、ありがとうございました。
 
 6日は、中学生との合同練習の中で、自分たちが当たり前としていることを、何もわからない中学生たちに、言葉で伝え、行動(実技)を見せたり、実際にプレーをさせてから説明やアドバイスをしたりと、いろいろな手段で一緒に練習をしていました。主体性やコミュニケーション能力の向上を目的にしている今だからこそ、良い経験だったのではないかと感じています。
 来週もよろしくお願いいたします。
 
 新学期が始まります。スタートダッシュの準備はよろしいでしょうか?
 
 
  
 Keeps going and  going and going 

    ずっと、ずっと、ずっと前進する。
 

男子バスケットボール部(3月31日~4月2日)

 春季休業中の庄和高校男子バスケットボール部は、『3勤1休』3日間、練習や練習試合などを行い、1日OFFを入れる4日間のパッケージにして予定を組みました。
 
 春季休業中を通じて、チームの現在位置を把握し、強化試合を多数予定して、課題としていることや苦手としていることに対する改善を目的としています。
 選手個人には、スキルアップを考えて取り組んできたことに対する自己評価をしてもらい、継続するべきことと、改善をしなければならないことに気づいてもらうことが目的となります。 
 
 3月31日(日)から4月2日(火)の3日間は、練習試合の合間に梅原トレーナーによるトレーニングを実施しました。
 31日 : 練習試合:匝瑳高校(千葉県)、科学技術学園日立(茨城県)
  1日 : 午後:梅原トレーナーによるトレーニング
  2日 : 練習試合:市立柏高校(千葉県)、米沢中央高校(山形県)、柏南高校(千葉県)
 相手をしていただいたチームのスタッフ・選手の皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました。
 
 この3日間は3クール目となりますので、より条件を厳しくしてその中でも主体性やコミュニケーション能力の向上を目的にして取り組みました。普通であれば、全力のトレーニングの次の日にハードゲームを入れることはしないでしょう。強豪校との練習試合から怪我をする選手、体調を崩す選手も出てきます。それでもさらに押して、チームの現在地と個人の自己評価をしっかりさせて、来たる関東大会予選やインターハイ予選に向けて準備していきたいと考えています。
 
 選手層が厚いわけではないので、本当に苦しい3日間でした。中でも新3年生の頑張りが目立ちました。新2年生が怪我や体調不良に見舞われる中、3年生の底力を見たような気がします。これこそ1年間のキャリアの差なのでしょうか?新2年生の奮起に期待したいですね。
 
 出てきた課題と正面から向き合って、一つずつ前に進みたいと思います。
 3日間で、多くの素晴らしいチームと対戦出来たこと。必死にトレーニングできたこと。満足しております。一筋の光は消えてまいせんのでこの先につなげたいと思います。
 
 
  チームのスローガン 「 
Challenge everything 

男子バスケットボール部(3月27日~29日)

 3月22日(金)に平成30年度の修了式があり、23日(土)から春季休業に入りました。
 庄和高校男子バスケットボール部は、『3勤1休』3日間、練習や練習試合などを行い、1日OFFを入れる4日間のパッケージにして予定を組みました。
 
 春季休業中を通じて、チームの現在位置を把握し、強化試合を多数予定して、課題としていることや苦手としていることに対する改善を目的としています。
 選手個人には、スキルアップを考えて取り組んできたことに対する自己評価をしてもらい、継続するべきことと、改善をしなければならないことに気づいてもらうことが目的となります。
 
 3月27日(水)から29日(金)の3日間は、高崎商業高校に遠征しました。
 27日 : 午前:練習試合(高崎商業) 午後:合同練習
 28日 : 練習試合:高崎商業高校、桐生第一高校
 29日 : 午前:練習試合 午後:練習試合+合同TR
 相手をしていただいたチームのスタッフ・選手の皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました。
 
 今回の3日間は、慣れている自分たちのホームグラウンドではなく、アウェイの雰囲気を感じること、課題としている主体性やコミュニケーション能力の向上を目標に、合同練習、練習試合に臨みました。
 
 高崎商業高校の渡辺先生に、チャレンジカップから顧問が悩んでいたことを、最初の試合で見抜かれました。恥を忍んで合同練習をお願いしました。快く引き受けていただいた渡辺先生、高崎商業の選手たち、本当にありがとうございました。
 
 3日間の練習試合の中で早速変化がみられました。一過性のものではなく、本物のスキルにつなげられるようにしていきたいです。相変わらず流れの悪い時に、それを打破する声かけや、失敗を恐れないプレーや積極的な行動がまだまだ足りません。さらに顧問も我慢が足らないのは、チャレンジカップの時と変わらず、、、申し訳ございません。未熟です。
 
 3日間で、多くの素晴らしいチームと対戦出来たこと。一緒に練習できたこと。心から感謝しております。一筋の光を見いだせたような気がします。次につなげたいと思います。
 
 
 『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために   

男子バスケットボール部(3月23日~25日)

 3月22日(金)に平成30年度の修了式があり、23日(土)から春季休業に入りました。
 庄和高校男子バスケットボール部は、『3勤1休』3日間、練習や練習試合などを行い、1日OFFを入れる4日間のパッケージにして予定を組みました。
 
 春季休業中を通じて、チームの現在位置を把握し、強化試合を多数予定して、課題としていることや苦手としていることに対する改善を目的としています。
 選手個人には、スキルアップを考えて取り組んできたことに対する自己評価をしてもらい、継続するべきことと、改善をしなければならないことに気づいてもらうことが目的となります。
 
 3月23日(土)から25日(月)の3日間は、「UA&VLチャレンジカップ」に参加しました。
 23日 : 北杜高校(山梨県)、横須賀総合(神奈川県)
       聖和学園(宮城県)、新潟工業(新潟県)
 24日 : 聖和学園(宮城県)、関東学院(神奈川県)
       横浜創学館(神奈川県)、川越南高校、坂戸高校
 25日 : 新潟工業(新潟県)、聖和学園(宮城県)
       春日部、春日部東
 相手をしていただいたチームのスタッフ・選手の皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました。
 
 本番の試合前は、たくさんの情報を整理し、これでもかといろいろなことを準備して試合に臨みます。これらの作業はコーチ、スタッフ、選手がみんなで取り組むものですが、この春季休業中の練習試合では、選手たちに自主性・主体性を求めていきたいと考えていました。初めて対戦するチームや選手にどのような試合をするのか?どのように対応するのか?を筆頭に、選手がどのような言葉を発したり、協力するのか?しないのか?、うまくいかない場面ではどのような行動・態度・言動をするのか?などいろいろなことに注目していました。
 
 当然ですが、コーチも言いたいことを我慢していようと思っていますが、、、うまくいかない場面ではタイムアウトを取ったり、ヒントよりも答えに近いことを助言や指導していました。反省です。チーム・選手・コーチともにまだまだ未熟でした。
 
 3日間で、多くの素晴らしいチームと対戦出来たこと。アンダーアーマーさんやバイオレラさんなどの企業や、お弁当屋さんやケイタリングの業者さん、貸し布団屋さんの協力や、保護者の皆様のご協力によって、埼玉で行われる「チャレンジカップ」も、8回目が無事に終わることができました。
 
 皆様のおかげです。ありがとうございました。
 

  Keeps going and  going and going 
    ずっと、ずっと、ずっと前進する。
 

男子バスケットボール部(入学許可候補者説明会)

 明日、平成31年3月20日(水)午後に入学許可候補者説明会が行われます。
 
 午前中には、制服採寸や体操着の採寸が入っており、新入生の皆さんとその保護者の方々も1日がかりの来校日となります。
 
 午後からの説明会終了後、本校2階「社会科室」(体育館から一番近い東階段を2階に降りて左手にある教室となります)にて、男子バスケットボール部の入部説明会を実施いたします。配布文書には、「OC室」とあるかもしれませんが、「社会科室」となっています。お気を付けください。 
 
 部長、及び顧問からのあいさつ。活動内容の説明。チームウエアの紹介。部費についての説明。春季休業中の活動日程と参加する場合の説明などを予定しています。
 
 『 Shall  We  Basketball 』
 初心者も経験者も関係ありません。「バスケットボールが好きだ」「バスケットボールをやってみたい」という人から、1人の力ではかなわなくても、みんなで力を合わせたら、できそうもないこともできるようになるのではないかと希望を持っている人たちも、一緒にバスケットボールをしませんか?
 
 よろしくお願いいたします。
 
 
  チームのスローガン 「 Challenge everything 

男子バスケットボール部(第37回 卒業式)

 平成31年3月12日(火)、埼玉県立庄和高等学校 第37回卒業証書授与式が行われました。
 男子バスケットボール部においては、4名の選手と1名のマネージャーが無事卒業いたしました。
 
 ご卒業、おめでとうございます。
 
 顧問の私とともに庄和高校に入学した選手たち、彼らに対するおもい入れはとても強いです。地区大会を勝ち抜くなんて到底考えられないような部活動の状況の中で、一生懸命取り組んでくれた選手たちに感謝しております。
 
 最終的には、埼玉県大会のベスト16まで行けたのは、どんな時もサボることなく、コツコツと努力をし、あきらめなかったキャプテンの櫻井君がいたからこそ、成し遂げられたと思っています。さらに本日、櫻井君が 『 体育優良児童生徒表彰 』 を卒業式の中で受けたことが、自分のことのように嬉しかったです。
 また、副キャプテンの南君が 『 皆勤賞 』 の卒業生代表として登壇した姿に感動していました。学年生徒の代表として、・・・ 本当に夢のようでした。
 
 卒業生たちが残してくれた財産が、現在の庄和高校のバスケットボール部に大きな影響を与えてくれています。卒業生たちに良い報告ができるように現役選手たちとともに頑張りたいと思います。
 
 いろいろな進路に進む37期生達が、社会の一員として、貢献できる人物であると信じています。

 
 【 たゆまざる あゆみおそろし かたつむり 】 
 朝、家を出たところ紫陽花の下のほうにいたかたつむりが、夕方に帰宅してみると紫陽花のてっぺんにかたつむりがいた。
 かたつむりの歩みは遅くとも、続けていけばその結果紫陽花のてっぺんにだって登れる。
 かたつむりの歩み(継続する能力)(着実に進む能力)とは、なんとおそろしいことか!!

 皆さんの活躍に期待しています。『 がんばれ、卒業生 』

 
 保護者の皆様、3年間大変お世話になりました。部活動に対するご理解とご協力、ありがとうございました。
 
 

 『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために