男子バスケットボール部

男子バスケットボール部

男子バスケットボール部(8月7日)

 8月7日(水) 第5クール 第3日
 
 8:00集合、9:30トスアップで練習試合が始まりました。
 越谷西高校、匝瑳高校、日本学園高校、横浜創学館高校、福島高校に来校していただき、1日勉強させていただきました。
 
 午前中の3ゲームは、ウインターカップ埼玉県予選に向けたチームのベスト・オブ・ベスト(メンバー)を探すゲームとして行いました。
 午後の横浜創学館高校と福島高校のゲームでは、2・1年生のベスト・オブ・ベスト(メンバー)探しをしていました。
 
 昨日の課題をクリアするために四苦八苦、人を生かし自分も生かすプレーを考える。たくさんのヒントが練習試合の中に転がっていて、どれも見逃してしまうと忘れてしまいます。タイムアウトを多くとり、理解を促しますが、・・・
 個人・チームスキルが求められ、なかなか思うようにならない練習試合が続きますが、一つずつ解決し、積み重ね、本物のスキルとなるように努力しましょう。
 
 明日も1日練習試合となります。福島高校、横浜創学館高校、匝瑳高校、白岡高校にお世話になります。明日も頑張りましょう。
 
 
 『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために   

男子バスケットボール部(8月6日)

 8月6日(火) 第5クール 第2日
 
 8:00集合、9:10トスアップで練習試合が始まりました。
 埼玉平成高校、上尾鷹の台高校に来校していただき、1日勉強させていただきました。
 
 午前中は、3年生の3選手を中心に8分プレーしたら、2分休憩を目安に2年生や1年生のプレーヤーたちとたくさん組ませて、チームのベスト・オブ・ベストのメンバーはどの組み合わせなのかを探っていました。
 
 午後になり、1・2年生主体のチーム編成とし、うまくいかないチーム状況を理解させ、克服する時間として我慢させ、よく考え、できるだけ多くのチャレンジをした失敗をさせ、次の課題を設定する練習試合となりました。
 
 埼玉平成高校、上尾鷹の台高校の選手・スタッフの皆様、本当に良い経験をさせていただき、感謝しております。また一緒に練習試合をさせてください。よろしくお願いいたします。
 
 明日も8:00集合!!福島高校、横浜創学館高校、日本学園高校、匝瑳高校、越谷西高校にお世話になります。個の成長、チームの成長を楽しみにしながら、明日も頑張りたいと思います。
 
 
  
 Keeps going and  going and going 

    ずっと、ずっと、ずっと前進する。
  

男子バスケットボール部(8月5日)

 8月5日(月) 第5クール 第1日
 
 本日は、8:30からランニングトレーニングでスタートしました。
 8:50から、越谷市立西中学校の14名の選手たちとの合同練習となりました。
 
 会津高原合宿から埼玉に帰ってきて、初めての練習となります。中学生と一緒にストレッチ、フットワーク(ルーティーン)をこなし、ボールハンドリング、ドリブル、パス、シューティングと行いました。中学生たちが取り組んでいる課題(リバウンド)に対しても、高校生ならば、どのように考えて、どのようなプレーを選択するのかが大切であることを体験してもらいました。
 1オン1や3オン2、4オン4などの中でリバウンドを意識してスクリメージを行いました。

 中学生たちが3時間くらいの中で、高校生たちに引っ張られながら、脱落する選手もなく終了できました。越谷市立西中学校の選手・スタッフ・保護者の皆様、大変お世話になりました。また一緒に練習しましょう。
 
 明日から4日間、練習試合となります。1・2年生は、現状を知ること、3年生は、試合の勘を取り戻しましょう。合宿の成果を楽しみにしています。
 
 明日は、8:00集合。埼玉平成高校、上尾鷹の台高校と1日練習試合となります。応援をよろしくお願いいたします。
 
 
  チームのスローガン 「 
Challenge everything    

男子バスケットボール部(会津高原合宿③-2)

 8月3日(土) 第4クール(会津高原合宿) 最終日 その後
 
 9:00からトレーニングが始まりました。
 体育館からスタートし、約800mの坂を下り、上る。体育館に戻ると腹筋トレーニング。今度は、約250mの坂を上り、下る。体育館に戻ると腹筋トレーニングver.2。これを1セットとして1年生2セット、2年生4セット行いました。
 
 2人組でおんぶをして約300mの周回コースを1周ずつ交代で3セット実施しました。最後に近づくにつれ、だんだん壊れてきているのか?(笑)大きな声や叫び声がたくさん聞かれました。上にのっている選手が声をかけていたり、他の組の選手に声をかけたりする場面を見かけました。『 全員で乗り切る 』 目標を達成できる確信を得た瞬間でした。
 
 最後の1組までみんなで応援し、終わった瞬間には昨日の午後と同じくハドルを組んで終了し、お互いをたたえていました。
 
 

  

 この合宿を終えて、庄和高校の選手たちは校外合宿の驚きとやり切ったことに対する充足感や達成感を感じていると思います。それは、これからのチームに必ずプラスになっていくことでしょう。せっかく教わったトレーニングや物事に対する考え方や行動の仕方などを、学校生活や部活動に取り入れていくことがこれからの課題といえます。経験したことのすべてを飲み込んで、個人・チームのスキルアップにつなげましょう。
 
 
 
 トレーニング後は、3日間使わせていただいた。体育館の片づけと用具の片づけを行いました。
 13:20 会津高原ホテルに戻り、お風呂に入ったのち、昼食をとりました。
 14:30 会津高原ホテルを出発
 18:20 春日部駅西口にて解散
 

 まず、プロアスリートの梅原トレーナーに大変お世話になりました。その年その年にいる選手のレベルや課題、顧問の要求やチームが目指す目標に対して、ありとあらゆる指導方法を使ってトレーニングしていただいている印象です。今年の春、我々が関東大会出場が出来たのも、バスケットボールをする上での土台となる身体作り、怪我をしにくい身体作りを進めていただいた梅原さんのおかげであると感じています。新チームが走り出した今、庄和高校の選手たちがこれからどのような成長を見せてくれるのか?楽しみにしています。ありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いいたします。
 
 次に、校外合宿をするにあたり、宿泊先や練習場所などの手配などをしていただいている、東武トップツアーズの小松さん。最初に予定していた人数よりも減ってしまったり、私たちの要求に必ず対応していただき感謝いたしております。用具やサプリメント等で大変お世話になっている、リードスポーツの木谷さん、エバースポーツの松永さん。キャンプTシャツのデザイン・作成などでお世話になっている、アンダーアーマーの坂根さん。皆さんには、合宿期日が迫っているようなときに無理な注文等をしてしまいご迷惑をおかけいたしております。皆様のおかげをもちまして、無事に終了することができました。ありがとうございました。
 
 最後に、合同合宿に参加させていただいた春日部東高校の選手・スタッフの皆様、我々がご迷惑ばかりおかけいたしておりますが、いつも嫌がらずに面倒を見ていただき感謝しています。対戦する時には、特に優しくしてくださいね。会津高原ホテル、森の交流館の関係者、南会津町の方々にも大変ご迷惑をおかけいたしましたが、来年もまた伺えるようにしたいと考えております。本当にありがとうございました。保護者の皆様には、選手を参加させていただきありがとうございました。帰宅後は、少々食費がかさむかもしれませんが、ぜひ丈夫な身体作りのために、いっぱい食べさせてあげてください。(笑) 『 継続は力なり 』ご協力よろしくお願いいたします。

 
 8月4日は、OFFです。第5クールは、合宿の疲れ抜き+埼玉の酷暑慣れ+練習試合と合計8日間を使っていきます。8月5日8:30、全員で再スタートです。
 
 我々の活動は、たくさんの人たちの協力があって成り立っています。感謝の心を忘れずに頑張りましょう!!

 
 
 『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために   

男子バスケットボール部(会津高原合宿③-1)

 8月3日(土) 第4クール(会津高原合宿) 最終日 午前
 
 6:00に会津高原ホテルの玄関前に集合し体操をした後、昨日と同様にたかつえスキー場へ。
 小屋までのランニングと、本校副顧問の藤分先生とのジャンケンにより運試し!負けてしまったら、ゲレンデ下までの200mを1往復して終了。あいこだったら、2往復して終了。勝ったら何もなく以上終了となりました。
 
 
 
 6:30からの朝食風景です。
 ごはん茶碗が昨夜まではどんぶりでしたが、なぜか小さなものに?
 消極的な心がそうさせるのでしょうか?もちろん、いつも以上にたくさん食べていただきました。(汗)
 
 
 
 9:00から体育館内のトレーニングからスタートです。
  
 腹筋トレーニングから頑張っています。
 
 誰しも言い訳したいくらい疲れているでしょうが、声をかけあって、全員でやり切りたいと思います。
 
 会津高原より
 
 
  
 Keeps going and  going and going 

    ずっと、ずっと、ずっと前進する。
  

男子バスケットボール部(会津高原合宿②-3)

 8月2日(金) 第4クール(会津高原合宿) 第2日 夜

 またも、食事トレーニングの時間です。
 各自、昨日の反省?からバイキング方式の食事をどのように取り分けるのか?注目していました。
 
 
 2年生の場合
 
 
 1年生の場合①
 
 
 1年生の場合②
 
 昨日よりも良く攻めたような気がします。2年生はみんなどんぶり飯3杯をたいらげました。何も言っていないのに・・・ 意識にも変化が出てきたのでしょうか?
 『 すべてのことにチャレンジ 』 というチームスローガン通りの行動と言えます。嬉しい変化でした。
 
 21:00から恒例の演芸大会を実施。
 今年の1年生のレベルは、・・・
 芸を磨かなければならない未熟者が多く。現2年生の時と比べると今年の1年生の負けですね。
ちなみに優勝したのは、1年生の村井君でした。準優勝は、神原君、MVPは、内山君となりました。3年生の皆さん、予餞会を楽しみにしてくださいね。
 
 春日部東高校の皆さんとともに、選手18名、マネージャー2名、顧問2名の総力で、会津高原合宿を成功させたいと考えています。明日も6:00から頑張ります。
 
 
  チームのスローガン 「 Challenge everything   

男子バスケットボール部(会津高原合宿②-2)

 8月2日(金) 第4クール(会津高原合宿) 第2日 トレーニング
 
 9:00から、キャンプ場の中でメディシングボールを使用したトレーニングからスタートしました。
 手先だけで重いボールを投げようとしていた選手たちも、回数をこなしていくと身体全体を上手に使って投げるようになっていくものなんです。これは見ている側からすると驚きです。
 
 
 
 今どきの高校生たちの残念なところは、小さい時の遊び方にあります。公園では遊具が危険だからといって使用禁止。父親とのキャッチボールでさえも公園では禁止。子供たちが夢中になり、おとなしくなるからといって、電子ゲームや携帯ゲームをして遊ぶ子供たち、身体の使い方を知らず、自分の身体に対しても気づきが無く、耐性も低い高校生が多いように感じます。
 保健体育科の教員としても、スポーツの指導者としても、最近、考えさせられることの一つになっています。
 
 
 
 給水や休憩は、日陰で取りながら、まだまだ余裕です。
 
 
 
 上り坂や斜面を利用したトレーニングを午前中は行いました。
 昼食と休憩を12:00から13:30まで取り、午後は、きつい上り坂と下り坂を利用したランニングトレーニングから入りました。約1時間、3人組で500mの下り坂から500mの上り坂をあがって交代すること5セット。みんなよく頑張りました。
 
 
 
 
 早く終わった選手は、終わっていない選手をサポートし、声をかけます。
 
 
 
 午後の最後に、体育館でのトレーニングとなりました。
 余力の残っていない選手たち、『ここが勝負です』
 
 2年生たちの大半は、やり切ります。1年生は、初めての経験です。手に!腕に!足に!力を入れたくても入りません。進みたくても進めません。気持ちはあっても、身体が言うことをききません。
 しかし、動かしました。仲間の声掛け、アジテイトとでもいうのでしょうか?その気にさせる。突き動かす。感情を揺さぶるチームメイトの声。やっぱり、どんな時代でもあるんです。選手たちが感じてくれたと信じたいですね。必ず君たちは、良いチームになる。
 
 終わった瞬間に、全員でハドルを組んで終了となりました。
 
 会津高原より
 
 
 『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために      

男子バスケットボール部(会津高原合宿②-1)

 8月2日(金) 第4クール(会津高原合宿) 第2日 朝
 
 6:00に会津高原ホテルの玄関前に集合し、たかつえスキー場のゲレンデへ
 
 
 
 気温21度、曇り。ゲレンデは雲海の上。
 
 
 
 恒例の山小屋までのランニングでスタートしました。
 約15分走ったのち、、、
 
 
 
 トレーナーの梅原さんとジャンケンで運試し!!
 
 昨日も、気温は33度あっても日陰は涼しく、夕方は25度、朝は21度。恵まれています。今日のトレーニングのために、6:30から朝食を摂って、ホテルを8:00に出発となりました。
 
 
 
 今年のキャンプTシャツは、黄色です。
 
 
 
 
 メディシングボールを使用したトレーニングでスタートです。(9:00)
 早速、泥だらけになっています。(笑)
 
 本日も18人プラス2人の20人で頑張ります。
 会津高原より
 
 
  
 Keeps going and  going and going 

    ずっと、ずっと、ずっと前進する。
  

男子バスケットボール部(会津高原合宿①-2)

 8月1日(木) 第4クール(会津高原合宿) 第1日(その後)
 
  
 
 前半は体育館内のトレーニングでしたが、後半は外のキャンプ場にてトレーニングを実施しました。
 
 
 
 今年の1年生たちは元気です。よく声も出るし、明るいのが良いですね。
 全力でチャレンジしていました。
 
 しかし、体力差は歴然としています。この時期の1年生と2年生の動きは、残念ながら2年生の方が勝っています。1年生たちの誠実さがどこまで差を縮めていけるのか?注目しています。
 
 17:00にはトレーニングが終了しました。
 宿泊施設である 『 会津高原ホテル 』 に移動し、19:15から夕食となりました。夕食の様子をお届けします。
 
 
 
 初めは明るく楽しい食事も、普段の2倍近くの量を食べたりすると、
 
 
 
 このような様子に変わっていきます。
 そうです!!恒例の 『ご飯とにらめっこ』が始まります。
 この戦いも20:30には終了となりました。9勝9敗の引き分けといったところでしょうか?
 
 22:00にミーティングを行い、本日は終了となります。この合宿に参加させていただいた保護者の皆様、春日部東高校の優しい選手とスタッフの皆様、そしていつも温かく迎えてくださる南会津町の皆様に感謝しております。ありがとうございます。
 
 明日は、6:00から朝練習となります。
 お疲れ様でした。
 
 
  チームのスローガン 「 
Challenge everything    

男子バスケットボール部(会津高原合宿①-1)

  8月1日(木) 第4クール(会津高原合宿) 第1日
 
 本日より2泊3日の会津高原合宿が始まります。
 7:30 春日部駅西口、埼玉りそな銀行前に集合しました。選手18名、マネージャー2名の20名で出発です。
 

 
 途中、2回の休憩をとり、11:20に、会津山村道場内、森の交流館体育館に到着です。3年生や卒業生にとっては、この景色を見ただけで思い出す事がたくさんありますよね!(汗)(汗)(笑)
 
 
 
 12:30から春日部東高校との合同トレーニング合宿が始まりました。
 庄和高校の選手たちは体育館内のトレーニングからスタートです。
 
 
 
 15:00現在、脱落者1年生1名。
 まだまだ、始まったばかりです。昨日までの自分を超えて、どこまで頑張れるのでしょうか?期待しています。

 まずは、報告まで
 
 
 『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために