男子バスケットボール部

男子バスケットボール部

男子バスケットボール部(卒業生に向けて①)

 

 新型コロナウイルス感染症に対する対策として、現在3月24日(火)まで臨時休業となっております。部活動もあわせて休止となっています。本日は、卒業生が入学する前から入学後初めての大会(関東大会東部支部予選)までのブログを読み返していました。

 

 入学許可候補者(現3年生)の中に19名のバスケットボール経験者がいたことを思い出しました。10人ちょっとで活動していた庄和高校男子バスケットボール部からすると、「夢のような人数」であり、待ち遠しかったのを昨日のことのように覚えています。春休み中から参加する選手がいたり、練習試合に参加してくれた選手もいました。

 

 正式に入部してくれたのは、16名!!

 庄和高校の宝!が誕生です。

 

 16名が入部して、雰囲気が一気に変わりました。部活動らしくなったという表現が正しいのかはわかりませんが、体育館に一段と活気が漲っていました。新入生(現3年生)たちのキラキラした?orギラギラした?眼差しと、やる気に満ちた練習は、2・3年生たちにも火をつけました。

 

 関東大会東部支部予選では、県立三郷北高校に2・3年生が10点差つけられると、1年生(現3年生)5人で追いつき、後半には1年生(現3年生)5人で7~8点リードを奪いました。残り2分を切って2・3年生に戻して必死に逃げ切ろうとしましたが、結果は逆転負けでした。

 1年生にしてみれば、「自分たちが出場し続けていれば勝てた」という気持ちもあったでしょう。2・3年生と顧問が1年間の練習を通して作ってきたPBS(ポーラーベアーズ)というチームで「勝たせてあげたかった」という教育的な部分と顧問の心情を優先しました。

 顧問の意図を理解してくれていたのか?2・3年生を思いやってくれたのか?それとも目の前のことに必死だったのか?その後の1年生たちは、先輩たちとともに切り替えて、インターハイ予選に向けて努力を始めていました。

 

 三郷北高校に逆転負けしたあの試合が、卒業生たちの高校バスケットボールの始まり、庄和高校バスケットボール部の快進撃の始まりだったと思っています。

 君たちに求めていた、常に努力すること!何事にもチャレンジすること!最後まであきらめないこと!については、この試合がスタートだったと思います。

 

 卒業生たちは思い出してみてください 入学時の夢は何でしたか?

 高校生活は 夢を見るだけでしたか? それとも夢を叶えましたか?

 

 ”Dream at the time of admission ~入学時の夢~”

 

 卒業生に向けて②へつづく 

 

 

   チームのスローガン 「 Challenge everything 」 

男子バスケットボール部(2月の活動報告②)

 昨日に引き続き、男子バスケットボール部の2月の活動報告をいたします。

 

 2月13日(木)17:00~19:00 春日部市庄和体育館にて、『3年生送別試合・1』を実施いたしました。本校では、2月14日(金)が生徒会主催の「予餞会」(3年生を送る会)となっており、13日の放課後には、予餞会のリハーサルが2階アリーナで行われるため、お隣の「春日部市庄和体育館」をお借りしました。

 

 1月の末から2月の上旬に2年生の選手からポッとでた「3年生と試合ができませんか?」という提案に乗っかりました。3年生対現役の試合は、これまでにも数回行われましたが現役の全敗です。現役選手の気持ちもわかるが、3年生の体力(衰え)を考えると、、、 最終的に3年生(大学進学組)が快く?引き受けてくれました。

 

 当日は、3年生11名の選手のうち、体調を崩した1名を除く10名と、3年生3名のマネージャーの13名が庄和体育館に集結!!顧問を審判に任命し、17:20分トスアップとなりました。昨年の春、関東大会に出場した3年生の猛者たちを相手に、現役選手が襲いかかる。よく走り、よくシュートを決めて、楽しくバスケットボールをしていました。詳しい結果については、忘れました(笑)(大差だったので、3年生のプライドの為)3年生の優しさか?現役選手たちに譲ってくれたのではないか?と思っています。ありがとうございました。

 

 3年生も、現役選手も、ケガ人以外は全員出場し楽しんでいたようです。平日であるにもかかわらず、保護者の方々がいらっしゃっていたことに驚きと感謝です。よって、3月8日(日)の午前中に『3年生送別試合・2』を企画することになりました。(しかし、新型コロナウイルス感染症の対策でキャンセルとなりました)その場で、「もう一度やらしてください」という3年生、「もう一回やりませんか?」という保護者の方々、みんなバスケットボールや一生懸命プレーする選手を見ることが好きなんですよね。とてもうれしかったです。そんなアットホームな雰囲気も、あと少しで「卒業」となります。

 

 新型コロナウイルス感染症に対する対策中ではありますが、3月12日(木)10:00から、3年生たちの卒業証書授与式が行われます。当日、14名の選手・マネージャーに会えるのを楽しみにしています。

 

 ”卒業とは Beginning of the end ~終わりの始まり~”

 

 

『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男子バスケットボール部(2月の活動報告)

 大変遅くなりましたが、2月に行った活動報告をいたします。

 

 1月25日(土)午後、令和元年度東部支部選抜選手選考会が埼玉県立庄和高等学校体育館にて行われました。PBSの選手からは、6名の選手(2年生5名、1年生1名)がノミネートされました。このセレクションは、東部支部の強化委員会の先生方が、地区大会や県大会を観戦し、ノミネートされた選手が約40名ほど集まり、セレクションが行われます。毎年の光景ですが、始まる前は、緊張している選手や同じ中学校出身の選手と談笑していたり、シューティングを黙々としている選手がいたりと独特の雰囲気でした。ノミネートされた6名以外の選手たちは、そのセレクションの様子を見たり、スクリメージ(5on5)の審判に入ったりしながら観戦していました。

 40数名から15名ぐらいに絞られるセレクションが行われ、PBSの6名からは、4名の選手が選ばれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2年 荒井 元汰君  越谷市立栄進中学校出身 センター

 2年 安久 喜一朗君 春日部市立東中学校出身 スモールフォワード

 2年 清水 柊真君  越谷市立中央中学校出身 シューティングガード

 1年 伊藤 千日君  松伏町立第二中学校出身 スモールフォワード

 

 詳しくは、東部支部高体連バスケットボール専門部のホームページをご覧ください。 http://saitama102basket.web.fc2.com/ 

 

 選ばれた4名の選手は、選ばれた喜びを感じるよりも先に、あるプレッシャーに苛まれることになります。選抜選手は、バスケットボールに万能であり優秀な選手であると同時に、高校生としても優秀であると周囲から見られているということです。指導者講習会のモデルチームになったり、2月16日(日)には、四支部大会(各支部選抜選手によるトーナメント戦)があり、常に多くの人から見られているのです。「こんなこともできなくて選ばれるのか?」とか「あんなこともできないのか?」などと聞こえてきたりします。PBSの4選手は、このプレッシャーとどのように戦うのでしょうか?

 普段所属するチームとは勝手が違い、緊張感やコミュニケーショントラブルなど、多くの課題がある選抜チームですが、4名の選手の頑張りに期待しています。もまれて1~2まわり成長して帰ってきてほしいですね。

 

 

 

 東部支部選抜チームの2月16日(日)、四支部大会の結果です。2試合が行われました。

 

 2月16日(日) 会場:上尾運動公園体育館
 東部支部選抜 83 対 59 西部支部選抜
         (31-12,25-14,5-17,22-16) 

 以上の結果、1回戦に勝利しました。

 

 2月16日(日) 会場:上尾運動公園体育館
 東部支部選抜121 対 73 南部支部選抜
         (30-14,22-18,39-18,30-23)  

 以上の結果、決勝戦に勝利しました。東部支部選抜チームの優勝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 男子東部支部選抜チームの選手・スタッフの皆様おめでとうございます。

 PBSの4名が大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

 また、4月上旬に行われる「埼玉カップ」(会場:上尾運動公園体育館)に埼玉県選抜候補選手として、PBSから1名の選手が選ばれました。その名は、、、

 

 荒井 元汰君(2年生) 越谷市立栄進中学校出身 センター

 彼が入学したときには、右ひざの前十字靭帯を損傷していました。成長が止まらないためなかなか手術に踏み切れず、手術後については皆さんもよく知っているとおり、リハビリという名の厳しいトレーニングを実施し、約10か月から1年かけて復帰しました。入学から今日まで学校や練習を休まず、バスケットボールと誠実に向き合い、努力し継続してきたことがこの結果につながったのだと思います。本当に良かった。おめでとう。(顧問の正直な気持ちです)選んでいただいた方々に先述の「えー!こんなこともできないの?」と言われることのないように、本人が恥ずかしい思いをしないためにも、厳しく(笑)指導していきたいと思います。きっと、彼の誠実さや努力はこれからも実を結ぶと信じています。今も努力を欠かすことなく練習をしているバスケットボール選手達の代表として頑張ってください。

 

 ”夢は見るものではなく、叶えるもの”

 

 

   「 Keeps going and  going and going 」
      ずっと、ずっと、ずっと前進する。   

男子バスケットボール部(2月9日)

 庄和高校男子バスケットボール部は、2月2日(日)から春日部市民選手権大会に参加させていただいています。2月9日(日)は、3回戦(準々決勝)が行われました。
 
 2月9日(日) 会場:春日部市民体育館(大沼公園体育館)
 庄和高校 63 対 74 バッカニアーズ
    (15-19,14-19,9-22,25-14) 

 以上の結果、3回戦敗退となりました。

 

  先週に引き続き、一般のクラブチームの方々が参加する大会に高校生のチームが参加させていただき、スタッフ・選手一同、感謝いたしております。進路が決まっている3年生が5名、2年生が7名、1年生が10名の22名で試合に参加いたしました。
 プレータイムを計算しながら、たくさんの選手を使い、それぞれの持ち味を発揮?し、クラブチームの方々とのバスケットボールに取り組みました。
 
 先週もお話ししましたが、私はクラブチームの方々の活動に、そしてバスケットボールと向き合う真摯な姿に、リスペクト(尊敬)しています。もし、PBSの選手たちの中に共感できる選手がいてくれたら、この大会に参加したことは大変有意義だったと思います。また、PBSの多くの選手たちが高校を卒業した後も、バスケットボールを愛し、クラブチーム等に所属し、この大会などで再会できたらいいなぁ~と勝手に想像しています。
 このたび、PBSの選手たちの相手をしていただいた『バッカニアーズ』の皆様、大変お世話になりました。教科書からは学べない、たくさんの事を教えていただけたと感じております。ありがとうございました。

 

 まもなく、学年末考査となります。バスケットボールをペンに持ちかえて、必死に取り組みましょう。

 

  

   チームのスローガン 「 Challenge everything 」 

男子バスケットボール部(2月2日)

 庄和高校男子バスケットボール部は、2月2日(日)から春日部市民選手権大会に参加させていただいています。2月2日(日)は、1・2回戦が行われました。

 

 2月2日(日) 会場:春日部ウイングハット
 庄和高校 73 対 61 MAX
    (21-9,14-23,17-18,21-11) 

 以上の結果、1回戦に勝利しました。

 

 2月2日(日) 会場:春日部ウイングハット
 庄和高校 68 対 61 P’sb
    (14-16,19-13,18-17,17-15)  

 以上の結果、2回戦に勝利しました。

 

 一般のクラブチームの方々が参加する大会に、高校生のチームが参加させていただき、スタッフ・選手一同、感謝いたしております。進路が決まっている3年生が3名、2年生が4名(東部支部選抜選手の3名を除く)、1年生が9名(東部支部選抜選手とけが人を除く)の16名で2試合に参加いたしました。

 プレータイムを計算しながら、たくさんの選手を使い、それぞれに力を発揮?し、クラブチームの方々とのバスケットボールに取り組みました。2勝できたこと!素晴らしいです。来週の3回戦も頑張りましょう。

 

 クラブチームの選手たちは、普段は仕事や学生生活を行なっており、バスケットボールの練習は週に1回とか2回だと思います。大好きなバスケットボールをするために時間を調整したり、工夫します。そして時間が作れたら、練習に参加します。ところが、チームメイトがたくさんいたとしても、それぞれの仕事の都合であったり、学生の試験やアルバイトの予定によりメンバーがそろわなかったり、5~6人で練習をしていたり、男女混合で練習したりしているそうです。

 大会当日も遅れて参加する選手がいたり、5人か6人で参加しているチームがありました。PBSの選手たちは、どのように見て、どのように感じたのでしょうか?私は、クラブチームの方々の活動に、そしてバスケットボールと向き合う真摯な姿に、リスペクト(尊敬)しています。もし、PBSの選手たちの中に共感できる選手がいてくれたら、この大会に参加したことは大変有意義だったと思います。

 このたび、PBSの選手たちの相手をしていただいた『MAX』と『P’sb』の皆様、大変お世話になりました。教科書からは学べない、たくさんの事を教えていただけたと感じております。ありがとうございました。

 

 庄和高校の予定
  日  時  2月9日(日) 11:20(試合開始予定)
  場  所  春日部市立市民体育館(大沼体育館)
  対戦相手  バッカニアーズ(第3シード) 
 
  *応援よろしくお願いいたします。
  *会場へは、公共交通機関をご利用ください。  

 

『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために 

 

男子バスケットボール部(埼玉県新人大会を終えて)

 1月11日(土) 会場:上尾運動公園体育館
 庄和高校 77 対 61 慶應義塾志木高校
    (20-13,11-9,29-19,17-20)

 

 1月12日(日) 会場:上尾運動公園体育館
 庄和高校 58 対 108 埼玉栄高校
    (9-32,11-22,22-28,16-26)
 
 以上の結果、3回戦敗退・ベスト16となりました。

 

 12月の初めに埼玉県新人大会の抽選があり、そこから約1か月間の準備期間がありました。新人大会でどのような結果を目標にし、その結果を求めて何を準備しなければならないのか?をよく考え、練習や練習試合をこなしてきました。まず、1月11日(土)の2回戦、慶應義塾志木高校との試合では、最後まで諦めないチームであること。フィジカルが強く一生懸命守るチームであること。平均身長は、我々よりも低いがリバウンド奪取率も高いチームであることを前提に準備してきました。試合では、よく我慢をし、相手よりも粘り強く、リバウンドを制し試合を進めていきました。相手は県大会2試合目、本校(PBS)は初戦ではありましたが、よく頑張れたのではないでしょうか?とにかく勝利してホッとしました。慶應義塾志木高校のバスケットボールに対するひたむきさと、あきらめない姿勢は、大変勉強になりました。スタッフ・選手の皆様、ありがとうございました。

 

 1月12日(日)の3回戦は、第2シードの埼玉栄高校との試合となりました。昨年度も県大会において3度チャレンジさせていただきました。そのたびに、指導者としての「差」、チームとしての「差」、選手たちの「差」を感じさせていただいた相手です。チャレンジャーとしてどこまで力を発揮できるのか?力を出し切った先に何が待っているのか?を楽しみに3回戦を迎えました。試合の序盤、100%の全力でプレーしたのは、埼玉栄高校の選手たちでした。先制パンチどころか、フィニッシュブローを応酬されているかのようでした。つまり全力の受け手にまわったのは、PBSの選手たちでした。PBSの選手たちこそ100%の全力で試合に臨み、ガス欠覚悟で試合を進めていかなければ、一縷の望みがないはずなのにできませんでした。結果は、点数の通りです。後手に回ったプレーをするPBSは、インサイドがファウルトラブルになり、リバウンドの高さを消されました。追いつかなければと頑張れば、選手の交代が予定通りにできないほど、追い込まれてしまいました。無理な動きや強引なプレーで体力を削り・削られ、我慢ができずギャンブルしてしまうシーンも増えてしまいました。スピード・パワー・高さに加え、シュートの正確さとディフェンスの頑張りが加わって、埼玉栄高校のポテンシャルを十分に発揮させてしまいました。

 完敗です。

 埼玉県のトップクラスにいるチームとの戦いは、2つ3つといわず、すべての要素がきちんと揃い、力を発揮できて初めて戦えるということなのだと思います。強いチームは、10回中10回それができ、弱いチームは、10回やっても1回もできないということです。3回戦以降の埼玉栄高校の試合も拝見させていただきましたが、10回中8~9回はできているのです。埼玉県2位の結果も当然の結果であったと確信しています。目指すものは見えています。やるしかありません。すべての要素を整理して、0(ゼロ)からではなく、マイナス10から始めたいと考えています。今回も埼玉栄高校のバスケットボールから多くのことを学ばせていただきました。多くのことに気づかせていただきました。スタッフ・選手の皆様、ありがとうございました。

 このままで終わるわけにはいきません。この悔しさや、やり残したものは次の機会(関東大会予選)で倍返しを狙いたいですね。1に分析、2に計画、3に実施と評価を繰り返し、さらなる高みに向かって頑張りたいと思います。今大会も保護者の皆様、OB、中学3年生や小さなお子様まで応援していただきありがとうございました。今回の負けをしっかりと受け入れ、春の関東大会予選に向けて全員で頑張りたいと思います。これからも応援よろしくお願いいたします。

 

 

   「 Keeps going and  going and going 
      ずっと、ずっと、ずっと前進する。  

男子バスケットボール部(1月12日)

 庄和高校男子バスケットボール部は、埼玉県新人大会に1月11日(土)から参加をしています。1月12日は、3回戦(ベスト8決め)を行いました。

 詳しくは、埼玉県高体連バスケットボール専門部のホームページをご覧ください。

 http://hs.saitamabasketball.com/

 

 1月12日(日) 会場:上尾運動公園体育館
 庄和高校 58 対 108 埼玉栄高校
    (9-32,11-22,22-28,16-26)
 
 以上の結果、3回戦敗退・ベスト16となりました。

 
 
 本日も保護者の皆様、OB、中学3年生や小さなお子様まで応援していただきありがとうございました。今日の負けをしっかりと受け入れ、春の関東大会予選に向けて全員で頑張りたいと思います。これからも応援よろしくお願いいたします。

 試合についての『顧問のボヤキ』につきましては、あらためて報告させていただきます。

 

 

  チームのスローガン 「 Challenge everything 」 

男子バスケットボール部(1月11日)

 庄和高校男子バスケットボール部は、埼玉県新人大会に1月11日(土)から参加をしています。1月11日は、2回戦を行いました。

 詳しくは、埼玉県高体連バスケットボール専門部のホームページをご覧ください。

 http://hs.saitamabasketball.com/

 

 1月11日(土) 会場:上尾運動公園体育館
 庄和高校 77 対 61 慶應義塾志木高校
    (20-13,11-9,29-19,17-20)
 
 以上の結果、3回戦進出となりました。

 
 
 本日も保護者の皆様、OB、中学3年生や小さなお子様まで応援していただきありがとうございました。明日も目の前の試合に集中し、全員で頑張りたいと思います。明日もよろしくお願いいたします。

 

 
 庄和高校の予定
  日  時  1月12日(日) 14:30(試合開始予定)
  場  所  上尾運動公園体育館
  対戦相手  埼玉栄高校(第2シード) 
 
  *応援よろしくお願いいたします。
  *会場へは、公共交通機関をご利用ください。 

 

 

『 When there is tomorrow 』
    明日が来る時のために  

男子バスケットボール部(1月活動報告)

 冬休み後半、1月3日(金)から練習を再開しました。

 1月11日(土)に予定されている、埼玉県高等学校新人大会にむけて、練習や練習試合をこなしていきました。

 

 1月3日(金)  9:30 体育館開き、初練習

         13:00 梅原トレーナーによるフィジカルトレーニング

 1月4日(土)  9:00 本校体育館にて 

               甲府西高校(山梨県)と練習試合(1日)

 1月5日(日)  9:00 本校体育館にて 

               甲府西高校、流通経済柏高校(千葉県)、匝瑳高校(千葉県)と練習試合(1日)

 1月6日(月) 13:00 本校体育館にて 練習・トレーニング

 1月7日(火) OFF

 1月8日(水) 始業式

 

 1月4日(土)から1泊2日で本校に来ていただいた甲府西高校さん、5日に来ていただいた流通経済柏高校と匝瑳高校の選手・スタッフの皆様、年明け早々に練習試合をしていただき大変お世話になりました。11日に始まる、埼玉県新人大会に向けた課題と修正点をたくさんいただきました。ありがとうございました。

 まずは、体調の管理、コンディショニングの徹底をし、体力面での調整やスキルの調整を行い、100%の力を発揮して大会に参加していきたいと思います。

 

庄和高校の予定

  日  時  1月11日(土) 14:30(試合開始予定)
  場  所  上尾運動公園体育館
  対戦相手  慶應義塾志木高校と坂戸西高校の勝者
 
  *応援よろしくお願いいたします。
  *会場へは、公共交通機関をご利用ください

 

   「 Keeps going and  going and going 
      ずっと、ずっと、ずっと前進する。  

男子バスケットボール部(2020年の始まりに)

 あけましておめでとうございます。
 本年も男子バスケットボール部、「ポーラーベアーズ」
      そして、庄和高校をよろしくお願いいたします。 
 
 

 

 1月3日(金)に庄和高校のどの部活よりも早く始動することを考え、チーム全員で体育館を軽く掃除し、清め、練習を開始しました。その後、近所にある香取神社(春日部市西金野井)に部員とスタッフで初詣に行きました。大きな怪我をしないように、さらなる飛躍の年となるように、願いを込めてお参りしました。
 午後は、梅原トレーナーによるフィジカルトレーニングの楽しい4時間となりました。(笑)
 
 来週末には、埼玉県新人大会が始まります。
 調整と準備をしっかりおこない、全力で大会に臨みたいと思います。
 
 高校3年生と中学3年生の受験を控えているバスケットボールプレイヤーの皆さんもあと少しで本番をむかえることでしょう。
 調整と準備をしっかりおこない、全力で入試にのぞんでください。きっと良い結果が待っていることでしょう。お互いあとひと踏ん張り、頑張りましょう。

 

庄和高校の予定

  日  時  1月11日(土) 14:30(試合開始予定)
  場  所  上尾運動公園体育館
  対戦相手  慶應義塾志木高校と坂戸西高校の勝者
 
  *応援よろしくお願いいたします。
  *会場へは、公共交通機関をご利用ください。

 
 
  チームのスローガン 「 Challenge everything