男子バスケットボール部

男子バスケットボール部

男子バスケットボール部(6月29日)

 6月29日(月)通常登校と部活動が再開して2週目に入りました。本日は、月曜日ですのでOFFとなります。休養とリフレッシュに使いましょう。

 先週の男子バスケットボール部は、①部活動体験から本入部となり、新入部員が確定しました。②チームウエアの採寸及び、リバーシブルウエアに使用する個人番号が決定しました。③情報教諭の藤分先生のご協力により、新入部員のチーム登録手続きを行いました。

 

 なお、本日(6/29)1~3年生40名の選手登録とチームの登録が完了しました。ポーラーベアーズは、3年生7名、2年生11名、1年生22名となっております。よろしくお願いいたします。

 

 この1週間で気が付いたこと! 「気持ちと身体がバラバラであること」

 バスケットボールに飢えていた?PBSの選手たち、ボールに触りたい、シュートを打ちたい、ゴールに入れたい、とにかくプレーしたいという気持ちが、ひしひしと伝わってきます。しかし、この再開からの1週間で軽傷から重傷まで含めると、多くの選手が痛んでいます。頭のイメージや、バスケットボールをやりたいという強い気持ちとは反対に、身体がついていけないようです。今週は、プレイヤー自身の心のブレーキと身体のブレーキに加えて、顧問の強烈なブレーキを使用することで、けが人をこれ以上増やさないようにしたいと思います。練習を見学だけすることは、一番つまらないですからね。

 

 

 本日17:00頃の体育館裏(生徒ホール前)の様子です。

 

 外のバスケットコートが少しずつ改良されてきました。

 

 石ころを排除し、岩瀬砂を入れて整備しています。2年生を中心に手伝ってくれています。梅雨のため雨の日も多いですが、部員たちの協力でコート整備を続けたいと思います。写真等でご紹介できるようにしたいと考えています。よろしくお願いいたします。

  

 

 新たに感染する人数が少なくなってきていたのに、ここ数日は増えているように感じています。この時も非常に強い感染力を持つ、「新型コロナウイルス感染症」と向き合っている医療従事者の方々に感謝いたしております。また、現在感染している方々が回復されることを祈っています。
 学校生活が再開され、少なからず『慣れ』が出てくる頃です。もう一度「新型コロナウイルス感染症」対策を確認し、体調の管理などの自己管理を徹底し、私たちにできることをしっかりやりましょう。
 「 凡事徹底 」

 

 

    「 Keeps going and  going and going 
      ずっと、ずっと、ずっと前進する。 

男子バスケットボール部(6月24日)

 

 6月24日(水)埼玉県立庄和高等学校は、『体験入部期間』の最終日となっており、1年生につきましては正式に入部が認められる日となっております。分散登校といった形で学校への登校は始まっていましたが、部活動が始まることで学校は全体の活気が出てきたように感じているのは私だけでしょうか?

 

 まずは、6月22日(月)部活動再開の日には、体育館での練習ができない日でしたので、校舎2階の社会科室をお借りして、新入生の入部説明会を実施しました。選手22名、マネージャー(女子)2名の合計24名の参加でした。30分程度の説明会でしたが、その日のうちに部員カード(入部届)を保護者の印鑑付きで提出してくれた選手が5名。正直、あまりの早さに驚かされました。マネージャー希望の生徒には、中学校まで在籍していた部活動を続けなくて後悔しないか?大変な仕事がたくさんあるけど、3年間やり切る覚悟があるか?を一晩考えてもらい、24日(火)放課後に再度面談することとしました。

 その後、体育館2階アリーナ、ステージ上にて2・3年生のミーティングを実施しました。ここから2週間の活動の仕方、目標となる大会の詳細、事務連絡等を20分程度で終わらせ、朝、練習前、練習後を問わず、体育館の掃除を行うことを確認してミーティングは終了となりました。

 

 つづいて、6月24日(火)放課後、2名のマネージャー希望の生徒との面談を行いました。一晩考えた結果を聞き、確認をして、正式に2名のマネージャーが誕生しました。NEWポーラーベアーズの顔となりますので、皆さんよろしくお願いいたします。この日の終わりで、新入生の部員カード(入部届)は、選手20名、マネージャー2名の22名となりました。

 

 そして、6月25日(水)体験入部最終日、今期初の体育館フロアーでの練習となりました。1年生と2年生5名の16:00~17:00の練習と、2・3年生の17:00~18:00練習に分かれて実施しました。新入生たちは、17:20から、チームウエアの採寸を行い、18:00には終礼を終えて帰宅しました。この時点で、選手22名、マネージャー2名の正式入部となりました。

 

 総勢24名のルーキー達に、乞うご期待ください。そして、『 ようこそ!ポーラーベアーズへ 』

 

 2・3年生の練習が始まるとやはり違いがありました。詳しくは後日報告しますが、1~2年間U18(高校)バスケットボールのカテゴリーに身を置いていると身体・スキルなど、新入生と見てわかる違いがたくさんありました。2つに分けて練習したからこそ気が付けたのかな?と思っています。顧問は、フロアーにボールの弾む音が聞けて生き返ったような気がします。(笑)まだまだ制限がありますが、一歩一歩前に進んでいきましょう。

 

 

 今、未知のウイルスと闘い、その最前線で日々働いていらっしゃる医療従事者の皆様に感謝いたしております。本日、授業や部活動を通じて生徒と接する機会が持てるのも皆様のおかげであると感じております。私たちにできることは限られていますが、協力を惜しみません。

 また、ライフラインを支えるために働いている方々にも同様に感謝をいたしております。本当にありがとうございます。

 「 一隅を照らす 」 

  

 

      チームのスローガン 「 Challenge everything 」   

男子バスケットボール部(6月20日)

 6月20日(土)に更新しようとしましたが、21日の朝に作成しています。言い訳は後ほど・・・

 

 6月20日(土)9:00頃の体育館裏(生徒ホール前)の様子です。

 

 土曜日の学校に来てみると、誰もいないので少々不気味なのですが、日焼け対策と熱中症予防をして外に出ました。

 この場所に「バスケットゴール」を置いてもよいと許可を得たので、置き場所の整備をしようと考えました。不揃いの砂利が目立ち、デコボコの地面が映像からわかりますか?学校に相談しても、お金はかけられないので「人の力」に頼らなければなりません。本校の業務さんたちに協力してもらい、つるはしやスコップ、一輪車などの道具や、整備に使えそうな砂などを用意してもらいました。また事務の方々や外のグラウンド整備を担当している先生方にも、グラウンド整備用の砂を使用させていただけることになりました。皆さんに感謝しています。

 

 

 6月20日(土)13:00頃の体育館裏(生徒ホール前)の様子です。

 

  しかし、一番の問題は「人の力」であること。つまり「手作業」であるということです。

 本日は、バスケットゴールの搬入があるので、それまでにできることを顧問のみで行いました。12:00ころ、越谷市にある「エバースポーツ」の松永さんにバスケットゴールを搬入してもらい、2人がかりで組立てていただきました。最後に100Lの水を入れて作業終了時の様子が写真のとおりです。「エバースポーツ」の松永さん、ありがとうございました。休校中に突然「バスケットゴール」を注文し、対応していただきました。これからも無理難題をお願いするかもしれませんが、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 外で使用するボールを手に取り、ファーストシュート!!当然、顧問が入れさせていただきました。何事も初めてや一番最初は、気持ちがいいものです。(笑)

 それはさておき、気が付くとお昼を過ぎていたのですが、なんとなく「熱中症??」なのか?慣れないつるはしを振り回したせいか?45歳の身体に腰痛という変化なのか?異変や違和感を感じ始めましたので、午後に行う予定だった「石ひろいと砂入れ」は、次回へ持ち越しとなりました。

 つまり、身体も言うこと聞かず、疲れてしまいブログにて報告もできなかったという言い訳でした。すみませんでした。

 

 ちなみに、「クラウドファンディング」なるもので、みんなが使用できる「屋外バスケットコート」をつくることは可能なのでしょうか?できたらいいと思うのですが・・・ 

 

 新たに感染する人数が少なくなってきているとはいえ、この時も非常に強い感染力を持つ、「新型コロナウイルス感染症」と向き合っている医療従事者の方々に感謝いたしております。また、現在感染している方々が回復されることを祈っています。
 学校生活が再開され、少なからず『慣れ』が出てくる頃です。もう一度「新型コロナウイルス感染症」対策を確認し、体調の管理などの自己管理を徹底し、私たちにできることをしっかりやりましょう。
 「 凡事徹底 」

 

 

  『 When there is tomorrow 』
    明日が来る時のために     

男子バスケットボール部(6月16日)

 6月16日(火)朝から気温が高く、昨日に続き今日も日差しのきつい1日となりそうです。本校は、分散登校③となり3日目、来週は『通常登校』とできるのか?まだ判断はなされていません。『通常登校』が、部活動再開の目安となっているので、6月22日を待ち遠しく感じています。

  

 部員の皆さんへ

 

 外用のバスケットゴールを購入したことは、前々回のブログでご紹介しましたが、いよいよ、早ければ6月19日、遅くても6月22日には本校の敷地内にお披露目できそうです。新入生が何人入部してくれるのか?わかりませんが、部活動再開となった場合、体育館の練習の「密」を避けるために、2~3グループに分けて練習を考えています。指示されている練習の回数や1回あたりの練習時間を守りながら、効率よく練習するためにも外用のバスケットゴールは活躍してくれると思います。新しい仲間である「外用のバスケットゴール」は、近いうちに写真入りでご紹介いたします。新しい仲間の名前でも募集しようかな~(笑)

 

 本年度のウインターカップ予選の詳細が来週以降にわかるようです。この大会が3年生にとってのラストチャレンジとなります。詳細がわかり次第、計画を立てて練習や練習試合をこなしていきたいと思います。しかし、6月22日から当面の目標は、「体力・スキルを取り戻すこと」をテーマに、アイドリングからアクセル全開まで上げていきたいと思います。あと少し、もう少しの我慢をお願いいたします。

 

今後の予定【2・3年生】

 6月22日(月)16:00~ 場所:体育館2階アリーナステージ上

      「ミーティング:今後の活動について」

 

 あさがお 咲きました。 

 

 今、未知のウイルスと闘い、その最前線で日々働いていらっしゃる医療従事者の皆様に感謝いたしております。本日、授業を通じて生徒と接する機会が持てるのも皆様のおかげであると感じております。私たちにできることは限られていますが、協力を惜しみません。

 また、ライフラインを支えるために働いている方々にも同様に感謝をいたしております。本当にありがとうございます。

 「 一隅を照らす 」 

 

 

     「 Keeps going and  going and going 
      ずっと、ずっと、ずっと前進する。 

男子バスケットボール部(6月12日)

 6月12日(金)分散登校も3段階目に入りました。午前中に半分の生徒が登校し、午後には入れ替わりで残り半分の生徒が登校する予定です。担任の先生方は、合計4回のSHRを行うことになります。

 

 

 6月12日(金)16:00頃の体育館から見た昇降口、自転車置き場の様子です。

 

 

 部員、および新入生の皆さんへ

 

 6月22日(月)からの部活動再開に向けて準備が始まっています。昨日の職員会議を終えて、お知らせできることを伝えたいと思います。

 

 新入生のために、6月22日(月)から24日(水)の3日間、体験入部の期間が設けられます。新入生の皆さんは「体験入部出席票」を持って参加してください。「体験入部出席票」は部活動顧問に提出してもらいます。部活動顧問が押印し、皆さんの担任の先生方に返却します。翌日の朝、担任の先生方から「体験入部出席票」を返却されることになっています。

 正式に入部すると決めた人は、「部員カード」を提出してください。「部員カード」を提出した新入生の皆さんは、以後の「体験入部出席票」の提出は不要となります。

 全学年、全部活動、「部員カード」の部活動顧問への提出期限は、6月24日(水)17:00までとなっています。2・3年生の「部員カード」の提出は、6月22日(月)にできるようにしてください。

 

 新入生のみなさんへ、22日(月)から24日(水)の活動予定をお知らせいたします。

 なお、マネージャー希望の生徒も22日(月)のミーティングに参加してください。

 

6月22日(月) 16:00~17:00 社会科室(校舎2階)

         ・ミーティング(入部説明、活動予定等)

 

6月23日(火) OFF(部活動再開のガイドラインを守るため)

 

6月24日(水) 16:00~17:00 体育館2階アリーナA(ステージ側)

         ・バスケットボールの練習(シューティング中心)

           (服装、シューズ、飲み物、タオル等の準備)

         ・チームウエアの採寸

 

 

 16:00の体育館2階アリーナです。

 

 

 これから、いろいろなお知らせがあります。男子バスケットボール部の部則、年間の活動方針、当面の活動計画、選手登録・チーム登録の方法、チームウエアについて、部費の徴収などなど、選手を通じて保護者の皆様にお知らせすることも増えると思います。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

  

  

 

 新たに感染する人数が少なくなってきているとはいえ、この時も非常に強い感染力を持つ、「新型コロナウイルス感染症」と向き合っている医療従事者の方々に感謝いたしております。また、現在感染している方々が回復されることを祈っています。

 学校生活が再開され、少なからず『慣れ』が出てくる頃です。もう一度「新型コロナウイルス感染症」対策を確認し、体調の管理などの自己管理を徹底し、私たちにできることをしっかりやりましょう。

 「 凡事徹底 」

 

 

     チームのスローガン 「 Challenge everything 」   

男子バスケットボール部(6月8日)

 6月8日(月)、朝のニュースでは、真夏日が予想されています。本日から1時間当たり40分ですが、授業が始まります。保健体育科の教員としては、帽子とマスク、日焼け止めが必需品となりそうです。(笑)

 

 このところ、あまり明るい話題が少なかったので、本日はおもしろいご報告と嬉しかったご報告をひとつずつ!!

 

 おもしろいご報告。本校の体育館には、14か所のバスケットゴールがあります。しかし、新型コロナウイルス感染症対策では、「運動・スポーツは、屋外が望ましい」とのことでしたので、早速『あるもの』を手配させていただきました。

 そうです。屋外用のバスケットゴールです。

 最近は、よく一戸建ての駐車場や庭に置いているバスケットゴールを見たことがありませんか?「あれ」です。「あれ」を本校の空いているスペースに(詳しい場所は、後日報告いたします)設置しようとしています。バスケットゴール自体が船による輸入品の為、正確にいつ届くのか?わかりません。しかし、15か所目のリングを外で使用できることは、必ずプラスになります。顧問は、待ち遠しく思っています。届き次第ご報告いたします。 

 

 嬉しかったご報告。6月1~3日の分散登校①の時、体育館の1年生のホームルームを副顧問の新屋先生と何気なく見ていました。すべてが終わった生徒から放課後となり、体育館から退出していきます。数人の男子生徒に挨拶をされたり、「バスケ部に入部しようと思っています」と声をかけられ、顧問2人で喜んでいたところ、一人の女子生徒が我々のところに歩いてきました。私たちが声を発する前に、「私、1年〇組の〇〇といいます。バスケ部のマネージャーをしたいと思っています」と先制攻撃!「HPに載せた通り、仕事が多くて大変だけどいいの???」と聞くと、「はい」という素直な返事で、顧問2人撃沈されました。(笑)5年目にして、初体験。嬉しかったです。本入部予定の6月24日くらいまで、その気持ちのままでいてほしいですね。

  

 お隣の千葉県は、対外試合や公式戦は、8月1日以降に許可となり、ウインターカップ予選は、8月8日からスタートするそうです。そろそろ埼玉県も発表があると思います。目標が定まれば、自主練習や部活動に対してのモチベーションも高まってくれることでしょう。今は、悶々としている選手もたくさんいるでしょう。あと少し、前向きな気持ちで待ちましょう。

 

 

 「あさがお」育成中!

 

 今、未知のウイルスと闘い、その最前線で日々働いていらっしゃる医療従事者の皆様に感謝いたしております。本日、授業を再開することができたのも皆様のおかげであると感じております。私たちにできることは限られていますが、協力を惜しみません。

 また、ライフラインを支えるために働いている方々にも同様に感謝をいたしております。感染するリスクを背負いながらも、働いている方々に頭が上がりません。本当にありがとうございます。

 「 一隅を照らす 」 

 

 

 『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために    

男子バスケットボール部(6月4日)

 6月4日(木)から5日(金)にかけて、このブログを作成しています。

 まずは、6月の1日から3日に行われた分散登校①では、短い時間ではありましたが、生徒の皆さんが登校してきたこと。生徒の皆さんが楽しそうにしていた姿が見られたことは、最近学校に勤務しても生徒とかかわらない時間を長く過ごしていることに「自分は、何やってんだろう?」と悩んでいた私にとっては至福の時間でした。生徒がいてはじめて成り立つ職業であることを再確認させていただきました。

  

 5月29日のブログに自主練習の目安を取り上げたのですが、多くの人たちにご迷惑をかける結果になってしまいましたので修正をさせてください。このような内容でした。

 

 『 理想的なのは、自主練習において、ハンドリング・シューティング・トレーニングの3つが行うことができて、大会の詳細が判明し、モチベーションも上がってきたところで、6月22日の通常登校・部活動再開を迎えられたらいいなあ~と顧問は勝手に想像しています。(笑)しかし、現実には制限されることがたくさんあるでしょう。1つずつ石橋をたたいて渡りましょう。まずは、分散登校①で会えることを楽しみにしています。 』

 

 特に  の内容などから、選手たちが主体的な行動を起こしてくれました。

 (顧問としては嬉しかったのですが・・・)

 ① 6月1~3日の分散登校時に早く登校することで時間をつくり、数名が体育館で自主練習(シューティングやトレーニング)をしていたこと。
 ② ホームルームや整容指導後に、数名が体育館で自主練習(シューティング)をしていたこと。
 

 しかし、自主練習は6月22日に再開予定の部活動と同じ扱いなのです。つまり、非常に残念なのですが、学校管理下における自主練習を含む部活動は、6月22日から(週あたり3日、1日60分以内の活動)再開予定であるということです。そして、学校施設を使用しての自主練習を考えさせてしまった顧問が悪いと思っています。猛省しております。申し訳ございませんでした。今しばらくは、できる範囲での自主練習をお願いします。

 

 今年2月までの練習やミーティングにおいて、「チーム全体の練習を全力で行うことは、選手としての【あたりまえの事】です。この時点で選手間に取り組む姿勢や考え方に差があってはなりません。もし、何かが劣っているとか、足りないと自覚している人や、人よりも優れているところをもっと伸ばしたいと考えている人、良い習慣=スキルの考え方から主体的な練習、自主的な練習に取り組むべきです」と何度も何度も言ってきましたが、本気で学校の始業前や放課後の練習後に主体的な練習、自主的な練習に取り組めていた選手は、全体の1/3もいませんでした。

 

 強制的な練習は、競技を始めたばかりのころやチームの全体練習など、目的によっては絶対に必要な事であると考えています。全員参加とか『全員が必ずやる・全員ができるまでやる』とか、〇〇本シュートを入れるまで終わらないとか、メニューを与えられ、時間を与えられ、機会を与えられて行う練習となります。たとえるならば、学校の授業といったところでしょうか?

 自主的な練習は、自分の行動にフォーカスしています。時間や場所は与えられていますが、やるか?やらないか?は自分の意志に左右されます。メニューや実行するべきことは決められています。このあらかじめ決められたことを率先して実行・実践するということなのです。たとえるならば、教科ごとに出される宿題、週末課題といったところでしょうか?

 主体的な練習は、自分の考え方にフォーカスしています。いつ、どこで、どれだけ(量や時間)、どのようなこと(質やメニュー)を行うのかを、すべて自分で決定し、実行し、なりたい自分や身に着けたいスキルを獲得する練習となります。「目的は何なのか?」まで考えることができるということです。たとえるならば、第一志望の大学に合格するために、自分でどの教科をどれだけ勉強するのかを決め、実行し、結果を出す(自学自習)といったところでしょうか?

 

 選手たちが主体的な行動(シューティングなどの自主練習)を起こしたことは、顧問からすると褒めてあげたいことなのですが、新型コロナウイルス感染症対策にある『密を作らない』ことや、授業後についても速やかに下校し、帰宅後は『不要不急の外出を自粛すること』などの観点から、部活動と同じように自主練習も6月22日(月)からの再開予定となります。

 

 なお、4月末に「5月7日学校再開」について準備している時、管理職の先生方に「運動欲求の高い部活動の生徒たちが、周りに気を遣わず、思いっきり運動できる場所や時間を本校で作っていただきたい(学校施設開放のお願い)」をお伝えしたところ、管理職の先生方は「これだけ長い期間自粛しているのだから、何かしら考えてあげたい」とおっしゃっていました。顧問は、その言葉を信じています。(私に質問しに来た部員以外の生徒にも同様に伝えています)活動の自粛を続けてきましたが、代替えとなる大会の開催可否についてもわからず、時間が過ぎていく中で『諦めてほしくない』ので「何かしら」に期待します。(でも、現実には難しいようです泣く

 

 この度の自主練習でご迷惑をかけた先生方、良かれと思って自ら考え行動を起こした選手たち、大変多くの方々にご迷惑をおかけいたしました。申し訳ございませんでした。

 

 

 今、この時も非常に強い感染力を持つ、「新型コロナウイルス感染症」と向き合っている医療従事者の方々に感謝いたしております。また、感染者の方々が回復されることを祈っています。

 新型コロナウイルス感染症の感染状況が落ち着いてきましたが、再開した学校生活、体調の管理など、私たちにできることをしっかりやりましょう。

 

 「 凡事徹底 」  

 

 

 

    「 Keeps going and  going and going 
      ずっと、ずっと、ずっと前進する。   

  

男子バスケットボール部(6月1日)

 6月1日(月)8:30に職員朝会が行われ、本校の学校再開第1日目がスタートしました。1年1・2組の新入生たちが冬服の正装で登校し、初々しさを感じました。2・3年生のホームルームをのぞかせていただきましたが、こんなに落ち着いていたかな?と思うくらい大人びて見えました。今年度はまだ数回しか登校していないため、緊張していたのかもしれませんが、淡々とホームルームと整容検査を実施していました。

 

 数名の部員と会うことができました。とても嬉しかったです。学校にいれば、毎日のように部活動の練習や、学校生活において見かけていたはずの選手たちを久々に見ると、少々身体が大きくなったような?膨らんだような気がするのです。(笑)ともあれ、元気な姿を見て一安心でした。明日と明後日も分散登校が行われます。3組から6組の皆さんに会えることを楽しみにしています。

 

 

 

 部員の皆さんへ

 

 顧問が現役バスケットボール選手の時から指導者である今日まで、困難な状況や苦しい状況の時に、必ず何度も読み返すことでもう一度チャレンジする勇気をもらったり、その後の進む道の参考にしてきた言葉をご紹介いたします。先日もこのブログで取り上げたスーパースター、元NBA選手であり「バスケットボールの神様」と言われているマイケル・ジョーダン選手の言葉です。

 

 

 

10本連続でシュートを外しても

僕はためらわない。

次の1本が成功すれば、

それは100本連続で成功する

最初の1本目かもしれないだろう。

 

試合に“負けた”ことは一度も無い。ただ時間が足りなくなっただけだ。

 

選手生活の中で9000本以上のシュートをミスした

300回近く試合に負けた

26回ウイニングショットを任され、失敗した

人生の中でなんどもなんども繰り返し『私は失敗した』

それが私が成功した理由だ

 

才能で試合に勝つことはできる

だがチームワークと知性は

優勝に導くんだ

 

自分に期待することで

はじめて物事は可能になる

 

 

 今年46歳(顧問)になる今でも、マイケル・ジョーダン選手が世界最高のバスケットボール選手であると思っています。彼の選手としてのキャリアとチームの一員として導いた所属チームの結果のすべてが、この言葉の“重さ”を感じさせているのです。興味のある選手たちは、マイケル・ジョーダン選手のスキルの素晴らしさと同時に、彼が所属したチームがどのような成績を成し遂げてきたのかを調べてみてください。きっと、紹介した言葉の“重さ”を感じてくれると信じています。

 

 私たちの携わっている「バスケットボール」というスポーツが持っている素晴らしさを再確認しましょう。

 

 

 今、未知のウイルスと闘い、その最前線で日々働いていらっしゃる医療従事者の皆様に感謝いたしております。本日、学校を再開することができたのも皆様のおかげであると感じております。私たちにできることは限られていますが、協力を惜しみません。

 また、ライフラインを支えるために働いている方々にも同様に感謝をいたしております。感染するリスクを背負いながらも、働いている方々に頭が上がりません。本当にありがとうございます。

  「 一隅を照らす 」

 

 

    チームのスローガン 「 Challenge everything 」   

 

男子バスケットボール部(5月29日)

 

 

 5月29日(金)、朝の天気(快晴)を確認し、徒歩にて学校に向かいました。徒歩による通勤を始めて(4月初旬)から初めて国道16号線の渋滞に遭遇しました。このような風景にも、緊急事態宣言による自粛した生活から、日常の生活に戻ろうとしていることが感じられました。

 

 

 

 

 

 本日も埼玉県立庄和高等学校では、6月1日の学校再開に向けて、また6月1日以降の学校生活を見据えて、埼玉県から伝えられている内容に沿って準備をしています。また、皆さんが安全に学校生活を過ごせるようにするため、例えば、ゆで卵についている薄い皮を本体である卵を傷つけることなく慎重にとる(私は苦手です)ように、細心の注意を払いながら準備を進めています。HP上にたくさんの連絡がアップされていますが、見逃すことのないようにしましょう。

  

 

 

 部員の皆さんへ

 

 分散登校①(6月1~3日)、分散登校②(6月8~11日)、分散登校③(6月12~19日)に合わせて、皆さんの自主的な練習(自主練)の目安を作っておきたいと思います。

 

 分散登校①(6月1~3日)

 3日間のうち1日のみ学校に登校する分散登校①は、「慣れる」をテーマにしましょう。6月第1週は、生活習慣の見直しにしたいと考えています。早く起き、制服に着替え登校する。時間を意識して生活することが求められます。学校のある生活に戻しましょう。その中でやってもらいたいのは、「バスケットボールに触ること」です。学校にあるボールを貸し出しますので、7号のバスケットボールに触れてください。某サッカー漫画にあった「ボールはトモダチ」をやってみましょう。(笑)ボールと一緒に寝なくて結構ですので、ハンドリングを取り戻し、ボールを扱う楽しさを思い出してください。

 

 分散登校②(6月8~11日)

 4日間のうち2日登校することになっています。「慣れる②」として、時間を作ってフィジカル・トレーナーの梅原さんから1月~2月にかけて出されていたメニューをやり始めましょう。器具がないとできないものは、登校日に相談にのりますので、顧問のところまで来てください。6月第2週は、「新しい生活様式」であったり、新型コロナウイルス感染症やウイルスとの付き合い方にも「慣れ」が出てくることでしょう。部員の皆さんも「時間を作る」ことに「慣れ」てもらい、部活動開始に向けた体力づくりやスキルの見直しに使えるようにしましょう。

 

 分散登校③(6月12~19日)

 土日を含む8日間のうち6日登校することになっています。変則的な登下校や時間割にも慣れてくる頃でしょう。保健体育の授業等も実施されますので、運動を実施する時でもどれくらいの間隔(ソーシャル・ディスタンス)で行われるのか?もわかってくるでしょう。自主練習の質や量もまた増えてくる頃であると信じています。そこで、筋持久力、全身持久力を高める運動を取り入れてもらいたい時期となります。LSD(ロング・スロー・ディスタンス)長い距離をゆっくりと走ったり、強度は低くても、長い時間動かしたり、回数を多く行ったりすることが求められます。ただでさえ夏が近づき、暑さを感じながらの運動は、逃げたくなりますよね。しかし、今のところ予想されているのは、8月ころから10月にかけて大会が企画されそうですので、暑さの中でのバスケットボールは避けられません。少しずつ、暑さに対する耐性(耐える力)を身につけましょう。

 

 自主練習の理想としては、ハンドリング・シューティング・トレーニングの3つが行うことができて、大会の詳細が判明し、モチベーションも上がってきたところで、6月22日の通常登校・部活動再開を迎えられたらいいなあ~と顧問は勝手に想像しています。(笑)しかし、現実には制限されることがたくさんあるでしょう。1つずつ石橋をたたいて渡りましょう。まずは、分散登校①で会えることを楽しみにしています。

  

 

 

 今、この時も非常に強い感染力を持つ、「新型コロナウイルス感染症」と向き合っている医療従事者の方々に感謝するとともに、私たちは家にいて感染を防ぐことで、医療従事者の方々を支えることができます。

 また、新型コロナウイルス感染症の感染状況が落ち着き、感染者の方々が回復されることを祈っています。

 体調の管理、体力面の維持、メンタルヘルスケアなど一流を目指すこと。

 今、私たちにできることをしっかりやりましょう。

  

 

 

 『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために    

男子バスケットボール部(5月26日)

 5月26日(火)本日の埼玉県立庄和高等学校では、昨日の「緊急事態宣言の解除」を受け、6月1日(月)学校再開に向けた職員会議等が行われています。

  

 「学校再開について」

 6月1日(月) から学年等に分散した登校(分散登校)から開始し、通常登校に向けて段階的に週あたりの登校日 を増やしていく。

  分散登校については次のとおりとする。

 (1) 6月1日(月)から6月7日まで、生徒1人につき週1回登校

 (2) 上記(1)の状況を踏まえて、6月8日(月)から生徒1人につき週2~5回登校

 (3) 教育委員会が移行期間の状況を踏まえ通常登校の指示があるまでは分散登校を行う。

 

 上記の内容から、現段階では6月22日(月)から通常登校を予定しているということになります。

 

 

 「部活動の再開について」

 「学校再開に向けたガイドライン」より

 

 ア 通常登校が再開されるまで、実施しないこと。

 イ 通常登校後の、当面の実施方法は以下のとおりとする。

 (ア)生徒の体力等の状況を考慮して、再開当初の活動を週3回程度かつ1回の活動を60分程度

    とする等、活動の頻度や強度を落とした計画をたてること。

 (イ)活動の内容について、身体接触を伴う運動や活動及び更衣や準備の時間に「3密」となる状況

    を避けるための 工夫をすること。

 (ウ)生徒の参加については、活動計画等を保護者と生徒に周知し、生徒に参加を強制することは

    絶対にしないこと。

 ウ 部活動の活動場所については、屋外の実施が望ましい。

 (ア)屋内で行う場合は窓を全開にすることや道具の消毒等を徹底するとともに、十分な身体的距離

    を保てるように少人数での活動とすること。

 (イ)多数の生徒が集まり呼気が激しくなるような運動や、大声を出す活動は絶対に避けること。

 エ 部活動を再開するに当たっては、近隣の病院の状況を考慮し、熱中症や不慮の事故等への対応の可否について確認すること。

 

 以上のようになっており、6月22日(月)から上記のような注意事項や留意事項を守り、部活動の再開となる予定です。当面の期間というのは、1~2週間程度だそうです。

 

 

 5月26日の17:30 体育館2階アリーナの様子です。

 一人、黙々とシューティングをする副顧問の新屋先生です。

 皆さんのお相手をするために鍛錬しておられます。(笑)部員の皆さんは、心して登校するように!!

 

 

 本日の時点で皆さんに伝えられる内容は以上です。

  

 

 今まで通りの部活動となるまでには、まだまだかかりそうです。引き続き、新型コロナウイルス感染症の感染状況を悪化させないように努力しなければならないということです。学校再開となる6月の詳細日程を確認し、いつ授業が再開されてもいいように準備をしましょう。これまでの課題を終わらせておくこと。(笑)

 

  

 今、未知のウイルスと闘い、その最前線で日々働いていらっしゃる医療従事者の皆様に感謝いたしております。皆様のおかげで、「新型コロナウイルス感染症」の拡大が防げていることは事実です。私たちにできることは限られていますが、協力を惜しみません。

 また、市民の日常生活を支えるために働いている方々にも同様に感謝をいたしております。感染するリスクを背負いながらも、商品を作り、商品を運び、商品を売る方々に頭が上がりません。本当にありがとうございます。 

 

 「 継続は力なり 」

 

 

    「 Keeps going and  going and going 
      ずっと、ずっと、ずっと前進する。