男子バスケットボール部

男子バスケットボール部

男子バスケットボール部(8月10日)

 8月10日(月)、本日は2・3年生による、学校施設の掃除と昨日までの練習試合の反省ミーティングを実施しております。朝早い時間から気温が上がっています。本日も熱中症とのにらめっことなりそうです。身体を大切にしましょう。

 

 しばらくご報告をしていませんでしたが、新型コロナウイルス感染症に関するニュースにおいて、埼玉県の高校部活動でクラスターが発生したことが伝えられ、いよいよ我々のすぐ近くに迫ってきていることが感じられました。PBSこと庄和高校男子バスケットボール部は、選手の安全を考え、8月4日から6日までの3日間休養日を入れ、自宅で健康観察と埼玉県内(高校)の新型コロナウイルス感染症の現状を把握することに努めました。現在感染者はなく、8月7日から活動を再開しております。

 

 8月8日(土)には、千葉県立流山北高等学校さんを会場に、埼玉県立川口北高等学校、浦和実業高等学校、埼玉県立八潮南高等学校、千葉県立我孫子高等学校、千葉県立流山南高等学校、千葉県立流山北高等学校の皆さまに相手をしていただきました。特に1年生たちの初練習試合となりました。ほとんど教わってないのですが、気持ちややる気は「一流」、勢いはありました。しかし、フィジカルや暑さに対しての弱さと、圧倒的な体力(持久力)のなさを感じさせられました。皆様大変お世話になりました。

 

 8月9日(日)には、千葉県立野田中央高等学校さんを会場に、柏市立柏高等学校、東京都立向丘高等学校、埼玉県立草加南高等学校、千葉県立船橋啓明高等学校、鹿島学園高等学校(茨城県)、千葉県立野田中央高等学校の皆さまに相手をしていただきました。各県に練習時間等に制約のある中、目的意識の高いチームが集まって、学年や選手を割り振って練習試合を行っていました。「生徒のために」を合言葉に、2倍・3倍の労力に増えても、熱心に指導されている先生方を見させていただきました。まだまだ我々にできることがあるように思います。反省です。皆様大変お世話になりました。

 

 

 新たに感染する人数が増え、ニュースからは、「第2波」といった言葉も聞こえてきます。この時も非常に強い感染力を持つ、「新型コロナウイルス感染症」と向き合っている医療従事者の方々に感謝いたしております。また、現在感染している方々が回復されることを祈っています。
 夏休みも10日目となりました。暑さが厳しくなり、熱中症対策も必要となってきます。もう一度「新型コロナウイルス感染症」対策を確認し、体調の管理などの自己管理を徹底し、私たちにできることをしっかりやりましょう。


 「 凡事徹底 」 

 

 

  『 When there is tomorrow 
    明日が来る時のために