部活動紹介

チーム愛称:POLARBEARS 

 

スローガン:Challenge everything

すべてのことに挑戦する

 

●平成30年度

  東部支部選抜選手 岩浪亮太郎 恩田学門

  埼玉県選抜選手  岩浪亮太郎

  東部支部選手権大会   第4位

  新人大会東部支部予選会 第1位

  新人大会埼玉県予選会  第3位
●令和元年度

  関東大会埼玉県予選会  第3位 関東大会出場
  インターハイ埼玉県予選会 第3位
  優秀選手 恩田学門
  東部支部選手権大会 第3位
  優秀選手 大保伊織

  新人大会東部支部予選会 第4位

  新人大会埼玉県予選会 ベスト16

  東部支部選抜選手

  荒井元汰 安久喜一朗 清水柊真 伊藤千日

  埼玉県選抜選手  荒井元汰

令和2年度
2 2 4 0 9
男子バスケットボール部

男子バスケットボール部

【男子バスケットボール部】 春休みの予定

こんにちは。直近の庄和高校の男子バスケットボール部の予定をお知らせします。

新入生の参加も楽しみにしております。

 日  時:令和3年4月1日(木)9:00~(トレーニング)

 場  所:埼玉県立庄和高等学校 体育館2Fアリーナ

 

 日  時:令和3年4月2日(金)13:00~

 場  所:埼玉県立庄和高等学校 体育館2Fアリーナ

 

 日  時:令和3年4月3日(土)9:00~

 場  所:埼玉県立庄和高等学校 体育館2Fアリーナ

 

 日  時:令和3年4月4日(日)練習試合

 場  所:埼玉県立庄和高等学校 体育館2Fアリーナ

 

 日  時:令和3年4月5日(月)9:00~

 場  所:埼玉県立庄和高等学校 体育館2Fアリーナ

 

 日  時:令和3年4月6日(火)13:00~(トレーニング)

 場  所:埼玉県立庄和高等学校 体育館2Fアリーナ

 

 日  時:令和3年4月7日(水)OFF

 注意事項:感染症対策を徹底すること。

        新入生が参加する場合は、「部活動参加願」を忘れずに持参してください。

随時、練習日程が確定次第、ご連絡させていただきます。

 

「 初志貫徹  最初に心に誓い決めた事(目標)を、最後まで貫き通すこと 」 

 

    Keeps going and  going and going 」
      ずっと、ずっと、ずっと前進する。   

【男子バスケットボール部】 春休みの予定

こんにちは。直近の庄和高校の男子バスケットボール部の予定をお知らせします。

新入生の参加も楽しみにしております。

 日  時:令和3年3月25日(木)13:00~

 場  所:埼玉県立庄和高等学校 体育館2Fアリーナ

 

 日  時:令和3年3月26日(金)9:00~

 場  所:埼玉県立庄和高等学校 体育館2Fアリーナ

 

 日  時:令和3年3月27日(土)練習試合

 場  所:埼玉県立庄和高等学校 体育館2Fアリーナ

 

 日  時:令和3年3月28日(日)OFF

 

 日  時:令和3年3月29日(月)9:00~

 場  所:埼玉県立庄和高等学校 体育館2Fアリーナ

 

 日  時:令和3年3月30日(火)9:00~

 場  所:埼玉県立庄和高等学校 体育館2Fアリーナ

 

 日  時:令和3年3月31日(水)OFF

 注意事項:感染症対策を徹底すること。

      新入生が参加する場合は、「部活動参加願」を忘れずに持参してください。

 随時、練習日程が確定次第、ご連絡させていただきます。

「 勇往邁進  恐れることなく、自分の目的・目標に向かって、ひたすら前進すること 」 

 

『 When there is tomorrow 』
     明日が来る時のために   

   

  

 

【男子バスケットボール部】 今後の予定

こんにちは。直近の庄和高校の男子バスケットボール部の予定をお知らせします。

新入生の参加も楽しみにしております。

 日  時:令和3年3月23日(火)13:00~

 場  所:埼玉県立庄和高等学校 体育館2Fアリーナ

 注意事項:感染症対策を徹底すること。

      新入生が参加する場合は、「部活動参加願」を忘れずに持参してください。 

 

 日  時:令和3年3月24日(水)13:00~

 場  所:埼玉県立庄和高等学校 体育館2Fアリーナ

 注意事項:感染症対策を徹底すること。

      新入生が参加する場合は、「部活動参加願」を忘れずに持参してください。

 

 随時、練習日程が確定次第、ご連絡させていただきます。

 

 「 初志貫徹  最初に心に誓い決めた事(目標)を、最後まで貫き通すこと 」 

 

   「 Keeps going and  going and going 」
      ずっと、ずっと、ずっと前進する。   

  

 

男子バスケットボール部(お知らせ)

 今週、3月18日(木)に埼玉県立庄和高等学校では、「入学許可候補者説明会」が実施されます。

 12:00~14:00に体操着の採寸と教科書販売が行われます。確認をよろしくお願いいたします。

 14:30~16:00に、「入学許可候補者説明会」の全体説明が予定されています。全体説明が終了した後に、保護者の方々は、PTAの役員決め等が予定されています。

 

 

 

 

 

 

 

  

 男子バスケットボール部では、全体説明が終了した後に、「入部説明会」を実施いたします。

 時 間 : 全体説明が終了してから20分後に開始します。入部説明会は、25分を予定しています。

 場 所 : 本校校舎2階 社会科室

 内 容 : 顧問挨拶、活動内容や様子、今後の日程、春休みに練習に参加するときの注意事項など

 対 象 : 入学許可候補者(保護者)のみとします。

 注意事項: 筆記用具を持参してください。(資料を配布いたします)

 

 例年ですと、保護者の皆様がPTA関係の決め事を終えた後に、生徒と保護者が揃ったところで「入部説明会」を実施しております。(説明会の始まりの時間が遅いため少々気がかりですが、、、)説明会終了後、体育館から移動していただき、2階の社会科室へ来てください。在校生はいませんので、顧問が待っています。初心者も大歓迎いたします。

 保護者の皆様の中で、どうしても顧問に確認したいことや聞きたいことがございましたら、校舎内2階社会科室か、体育館2階アリーナ内に、見るからに優しそうな顧問(笑)がおりますので、気軽にお声掛けください。なお、5月の初旬(休日)を目安に、保護者会を実施したいと考えております。

 

 今週、いよいよ大型台風と例えたルーキーたちが庄和高校に上陸いたします。

 我々としては、心の底から楽しみにしています。笑顔でお会いしましょう。

 

 連絡が遅くなりましたこと、大変申し訳ございませんでした。

 

 

 

 医療従事者の皆様へ

 あなた方のおかげで私は家族や本校の生徒、PBSの選手達と共に日常を送ることができていると思います。

 きっと私たちの想像をはるかに超える過酷な現場だと思います。皆様への敬意と感謝を忘れずに、私たちができること=新型コロナウイルス感染症にかからないことと、毎日を健康に留意して過ごしていきたいと思います。

 今日もありがとうございます。

 

 「 初志貫徹  最初に心に誓い決めた事(目標)を、最後まで貫き通すこと 」 

  

 

  チームのスローガン 「 Challenge everything 

男子バスケットボール部(第39回卒業証書授与式)

 令和3年3月12日(金)、第39回埼玉県立庄和高等学校卒業証書授与式が挙行されました。

 

 ご卒業おめでとうございます 

 

 恒例の!?各クラスのHR終了後、体育館にて3年生とのお別れの儀式!?最後のミーティング!?が行われました。新屋先生がアップしてくれた写真は、6名の選手・1名のマネージャーと顧問2名の9名の記念写真です。

 

 在校生からのプレゼントや顧問からのプレゼントを受け取り、顧問からの「卒業式らしい」はなむけの言葉とバスケットボール部の卒業生にだけ許される(困ったときに使える)権利について(!?)の説明を受けて終了!!

と思いきや卒業生から私(顧問)に、花束とプレゼントをいただきました。(涙)

 家に帰り、プレゼントを開けて驚きました。素敵なプレゼント!とても嬉しくて(涙×2)

 部屋で、ウインターカップ埼玉県予選のYouTube映像を1人で見て(涙×3)

 すべて、嬉しかったです。ありがとうございました。

 

 ものすごく大きな台風が、3年かけて私の前を通り過ぎていきました。通り過ぎた後には、すばらしい結果と思い出を残して去っていきました。台風が過ぎ去った後は、台風一過と言って快晴になることが多いですが、今日の私は、雲一つない晴れのような気持ちとほんの少しの寂しさが同時にある複雑な気持ちです。卒業生の晴れやかな表情を見ていると、それぞれの将来や未来に期待しています。

 「たゆまざる あゆみおそろし かたつむり」

 卒業生たちの、社会に貢献できる『立派な大人となるための第一歩』を見届けさせていただきました。

 保護者の皆様、男子バスケットボール部の活動につきまして、多大なるご理解とご協力を賜りましてありがとうございました。

 

 

医療従事者の皆様へ

 自分の家族や命さえも危険にさらされているのに、医療従事者としての使命感から人のために尽くしていることに感謝しています。

 報道では、「今日何人が感染しました」というニュースが多く聞かれますが、たとえ1日の感染者数が減ったとしても、入院や高度な医療を必要とする方々がすぐに減ることはないでしょう。きっと私たちの想像をはるかに超える過酷な現場だと思います。皆様への敬意と感謝を忘れずに、毎日を健康に留意して過ごしていきたいと思います。

 今日もありがとうございます。

 

  「 勇往邁進  恐れることなく、自分の目的・目標に向かって、ひたすら前進すること 」

 

 

   『 When there is tomorrow 』
     明日が来る時のために   

【男子バスケットボール部】第39回 卒業式

こんにちは。副顧問の新屋広晃(しんや ひろあき)です。今回初投稿をさせていただきます。

令和3年3月12日(金)、第39回埼玉県立庄和高等学校卒業授与式が挙行されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各クラスのHR終了後、体育館にて3年生との最後のミーティングが行われました。上の写真は、6名の選手・1名のマネージャーと顧問と副顧問の9名の記念写真です。最後のミーティング後には卒業生から花束とプレゼントをいただきました(涙)

プレゼントとは何だったのか!?それはステファン・カリーのバッシュにたくさんのメッセージを書いてくれたものでした(号泣)教員のやりがいは沢山あると思います。その一つとして初めて生徒を送り出し、プレゼントや言葉をいただき、教員をしていて良かったなと純粋に思いました。とても嬉しかったです。ありがとうございます!!

3年生は新型コロナウイルスの影響により、多くの大会が中止となり、満足にバスケットボールをすることができない日々が続きました。私がもし同じ立場であったら、現実から逃げ出し、バスケットボールでできない悔しさを色々なことにぶつけていたかもしれません。

ですが、3年生はそのような状況でもくじけず、厳しい練習にも耐えていました。その姿を近くで見てきて私が思っていたことは、尊敬です。逆境でもあきらめず、「何とかしてやる!」「厳しい練習でもくらいついてやる!」とする姿は本当にかっこよかった。私はこの一年間で多くのことを生徒から学ぶことができました。

 

これからはそれぞれの自分の夢や目標に向かって突き進んでください。庄和高等学校バスケットボール部で学んだことは必ずその後に活きてきます。「楽しむ」という気持ちと日ごろから支えてくれる人への感謝の気持ちを忘れずに。応援しています!

 

 卒業おめでとう!!

そして本当にありがとうございました。

 

「 初志貫徹  最初に心に誓い決めた事(目標)を、最後まで貫き通すこと 」 

   「 Keeps going and  going and going 」
      ずっと、ずっと、ずっと前進する。   

 

男子バスケットボール部(お知らせ)

 本日、延期とされていた「令和2年度 県民総合スポーツ大会兼埼玉県高等学校バスケットボール新人大会」のことについて連絡がありました。

 

 通知文書からの抜粋です。

 『 1月7日に緊急事態宣言が発出されたことに鑑みて開催を延期し、その後、再開に向けて検討を重ねてまいりましたが、この度の緊急事態宣言の期間延長に伴いまして、生徒、そして関係者の安全を第一に考え開催の中止を決定いたしました。 』

 

 したがって、「令和2年度 県民総合スポーツ大会兼埼玉県高等学校バスケットボール新人大会」は中止となりました。大会の結果としては、「県大会出場」ということになるようです。また、5月に予定されている「関東高等学校バスケットボール大会埼玉県予選」がどのように開催し運営されるかについては、これから検討・決定されるそうなので、わかり次第お知らせしたいと思います。

 

 率直に言えば残念な気持ちでいっぱいです。しかし、現状の新型コロナウイルス感染症の感染状況や医療機関の状況を考えてみれば仕方がないでしょう。次の公式戦は4月以降になりますが、準備期間をたくさんいただいたと考え、3月8日以降の部活動再開に向けて準備を始めたいと思います。

 まずは、19日(金)から始まる学年末考査に向けて勉強に取り組みましょう。

 

 

 医療従事者の皆様へ

 あなた方のおかげで私は家族や本校の生徒、PBSの選手達と共に日常を送ることができていると思います。

 きっと私たちの想像をはるかに超える過酷な現場だと思います。皆様への敬意と感謝を忘れずに、私たちができること=新型コロナウイルス感染症にかからないことと、毎日を健康に留意して過ごしていきたいと思います。

 今日もありがとうございます。

 

 「 初志貫徹  最初に心に誓い決めた事(目標)を、最後まで貫き通すこと 」 

  

 

  チームのスローガン 「 Challenge everything 」   

男子バスケットボール部(2月9日)

 2月に入り、3年生が家庭研修期間となりました。約200名(全体の1/3)が登校しなくなるだけでさみしいものです。本日、思い出したことがありましたのでブログにあげてみました。

 

「そういえば!!」

 

 現役チームと卒業生チームによる「送別試合」を企画していなかったことを思い出しました。

 毎年1~2回、保護者の皆様が見ることのできる「休日」と当事者である選手同士が決めて行う「平日」の送別試合です。埼玉県新人大会が延期になっていることと、部活動が休止となっているので「送別試合」にまで考えがいきませんでした。申し訳ございません。

 卒業生たちは、今まで現役チームに負けたことがなく、何度かチャレンジするも跳ね返されてきた現役チームにとってのラストチャンスは企画できるのか?微妙ですね、、、今後の状況を見ながら、現役選手たちを中心に企画してみたいと思っています。

 

 1年生男子の体育の授業を見かけました。庄和高校の外周(約800m)を走っていたのですが、校門を出たところから、グラウンドに面した場所(校舎からでも走っている姿を確認できる場所です)までの約200mくらいを、2~3人が横に広がって、さらに集団で歩いているではありませんか!私は、庄和高校の隣の公園で散歩とトレーニングを終えて、学校に向かって歩いていました。授業中の生徒を見ていると私に気づいて走り出す生徒達、決まりの悪そうな顔をしている生徒達とたくさんすれ違いました。

 もっとも残念なことは、その生徒の中にPBSの選手がいたことです。

 情けない気持ちでした。他の生徒とつるんで一緒に走るのも許せないのですが、運動部の部員が30分間走で歩いている姿を見かけたら、皆さんだったらどうするでしょうか?

 先生(顧問)の姿を見て、あるいは人の視線を感じてから走り出した生徒(選手)の様子から私の出した結論は、「人間性の欠如」。PBSの部員の中にも毎回手を抜かず、一生懸命にチャレンジしてくれている選手もいます。全員がそうであってほしいのですが、現状は人を欺き姑息なことをする、ずるい選手がいるということです。

 1日も早く部活動を再開していただきたいと思います。「人間性の欠如」や「姑息な人」、「ずるい人」を早く気づかせ、教育する場として、部活動をさせていただきたいと感じています。

 

 

 医療従事者の皆様へ

 自分の家族や命さえも危険にさらされているのに、医療従事者としての使命感から人のために尽くしていることに感謝しています。

 報道では、「今日何人が感染しました」というニュースが多く聞かれますが、たとえ1日の感染者数が減ったとしても、入院や高度な医療を必要とする方々がすぐに減ることはないでしょう。きっと私たちの想像をはるかに超える過酷な現場だと思います。皆様への敬意と感謝を忘れずに、毎日を健康に留意して過ごしていきたいと思います。

 今日もありがとうございます。

 

  「 勇往邁進  恐れることなく、自分の目的・目標に向かって、ひたすら前進すること 」

 

 

   『 When there is tomorrow 
     明日が来る時のために   

男子バスケットボール部(2月1日)

 あっという間に1月が終わり2月になりました。緊急事態宣言が出されてから3週間、男子バスケットボール部の近況報告をさせていただきます。3年生は、1月の終わりに「学年末考査」が実施されました。ほぼ同時期に、男子バスケットボール部3年生7名(全員)の進路が決定いたしました。

 おめでとうございます。

 正直なところホッとしています。なかにはたくさんの学校を受験した人もいれば、新型コロナウイルス感染症の影響により、書類のみで合格となった人もいるようです。4月からそれぞれの進路に進む3年生たちに残り少ない学校生活を大切に過ごしてもらいたいと考えています。

 

 昨年度の3名に引き続き、今年も大学でバスケットボールを続ける選手が3名います。彼ら3名の体力面、技術面をしっかり整えさせてあげたいのですが、新型コロナウイルス感染症の影響があり思うように練習時間やトレーニングの時間が取れません。これも心配事の1つとなっています。

 1・2年生たちにとっても、「中川カップ」や「春日部市民大会」への参加ができず(新型コロナウイルス感染症の影響により中止)貴重な体験の場を失いました。現在は、「埼玉県新人大会」が延期となっており、いつ、どのような形で実施されるのか?についてもわかっていないので、現役選手たちのモチベーションの維持についても、心配事の1つとなっています。

 そのような現状の中でも、「進級にかかわる学年末考査」【2月19日(金)から実施予定】は、待ってくれません。先を見て準備をしているのか?心配しています。特に1年生たち、油断しないようにしましょう。

 

 

 今週には、緊急事態宣言についての延長や解除についてが決まることでしょう。さらに延期となっている「埼玉県新人大会」の詳細も何かしらわかってくることでしょう。

 目の前にあることをこなしていくことに追われているような気がしますが、ポジティブに考え、行動していきたいと思います。まずは、自らの体調管理と、感染予防対策をしっかりと継続しましょう。

 

 

 医療従事者の皆様へ

 あなた方のおかげで私は家族や本校の生徒、PBSの選手達と共に日常を送ることができていると思います。

 きっと私たちの想像をはるかに超える過酷な現場だと思います。皆様への敬意と感謝を忘れずに、私たちができること=新型コロナウイルス感染症にかからないことと、毎日を健康に留意して過ごしていきたいと思います。

 今日もありがとうございます。

 

 「 初志貫徹  最初に心に誓い決めた事(目標)を、最後まで貫き通すこと 」 

 

 

   「 Keeps going and  going and going 
      ずっと、ずっと、ずっと前進する。   

男子バスケットボール部(1月25日)

 埼玉県新人大会の延期が決定し、部活動の休止となって約2週間。

 授業の開始時間を遅らせ、短縮授業を実施しています。選手たちは、体育の授業で一生懸命走ったり、楽しそうに球技を行っている姿をよく見かけます。本来の学校生活が1日も早く取り戻せるように、我慢の日々は続いています。

 

 最近、本棚に眠っていた?24~25年前に顧問の卒業論文(大学)の参考文献を引っ張り出してみました。それは、バスケットボールという種目の特性に合わせたウエイト・トレーニングについての本でした。現在、庄和高校の選手たちは、しなやかで強い力を発揮する筋力や、瞬発力を高め、長時間発揮し続けるための身体の使い方や強化をすることに集中しています。24~25年前の参考文献の内容は、筋繊維が太くなり、いかにもマッチョな体つきになりそうなメニューが多かったのです。比較的体格の小さい日本人が、バスケットボールで戦うために目指していたのは、体格の大きさとパワーだったことが推察されます。現在のトレーニングでは、ウエイトトレーニングだけを一生懸命行っているチームは、少ないと思っています。的確にその選手、そのチームの課題にフィットするトレーニングを実施していると考えます。

 

 さて、時間をかけるならば、個人スキルということになります。

 第1段階は、メニューを与えられ、そのメニューを必死にこなす。監督・コーチに見張られながら行うのは、「強制的」トレーニングということになります。

 第2段階は、メニューを与えられ、そのメニューを自分が時間を作って行う。または、決められた曜日・時間を与えられ、その時間に自分の課題解決のためのトレーニングを行うのは、「自主的」トレーニングとなります。

 第3段階は、メニューも、いつ、どれだけの量を実施するのかを自ら決定し行うのは、「主体的」トレーニングとなります。

 

 では、緊急事態宣言によって部活動の自粛をしている今、一番求められるのは、第3段階の「主体的」トレーニングということになります。しかし、PBS達を見ていると、バスケットボールに対しては誠実に向き合い、努力ができると信じていますが、第2段階の「自主的」トレーニングができる選手が10~12人といったところでしょうか?第3段階に至っては、1人いるか?いないか?といったところです。

 「主体的な思考」とそれに伴う実行力は、「進学校」の選手たちと「強豪校・伝統校」の選手に多く見られます。現在、PBSの選手たちに顧問は、求めています。そして、我慢し、ひたすら待っています。できるか?できないか?は、大きな差といえます。主体的な選手が増えてくれることに期待しています。

 

 自粛が終わったとき、その結果が出ます。その時に「~してたらよかった」「~してればよかった」ということにならないように、よく考えて行動しましょう。

 

 

 この時も非常に強い感染力を持つ、「新型コロナウイルス感染症」と向き合っている医療従事者の方々に感謝いたしております。また、現在感染している方々が回復されることを祈っています。

 

  「 勇往邁進  恐れることなく、自分の目的・目標に向かって、ひたすら前進すること 」

 

 

  チームのスローガン 「 Challenge everything 」