女子バスケットボール部


【部員数】

合計 13名(2019年10月現在)

(1年生 5名  2年生 4名  マネージャー 4名)

顧問 2名

【部員数】

チーム愛称:Blue Fox(ブルーフォックス)

活動日】

週6日

火~金:練習(16時~19時)

土日祝:公式戦、練習試合等

月 :OFF(土・日がOFFの時は練習有)
その他:

<春休み>

県外遠征(カップ戦参加予定)

<夏休み>

校内合宿、県外遠征(カップ戦参加予定)

<冬休み>

県外遠征(カップ戦参加予定)

 【目標】

○県大会出場

     
【中学生の皆さんへ】
練習への見学や体験を希望する方は女子バスケットボール部顧問(千葉)までご連絡ください
(TEL 048-746-7111 女子バスケットボール部顧問 千葉)

女子バスケットボール部活動報告

女子バスケットボール部活動報告

女子バスケットボール部(1月5日)

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

 年明け早々、練習試合をしていただきました。相手は、千葉県の匝瑳高校と獨協埼玉高校でした。匝瑳高校は毎年どの代も鍛えられた選手が多く、積極的にあたってくるチームです。獨協埼玉高校は伝統のガッツで気合のバスケットをしてくるチームです。どちらも本校にはない、強さを持ったチームです。。。

 内容としては、新年最初ということもあり、様々な面でぼろぼろな感じでしたが、年末年始休暇でとろとろになっていた状態をバスケットマンに戻すことができました。

 両校のスタッフ・選手の皆さん、本日はありがとうございました。

女子バスケットボール部(年末活動報告)

2学期が終わり、冬休みに入り冬稽古ということで27日・28日は草加西高校に行ってきました。毎年、この年末の時期には埼玉県東部支部の学校が中心となり、男女ともにカップ戦を行っています。この2日間では県大会出場校、福島南高校など様々なチームと試合をすることができる良い機会です。

 全チーム格上のなか、シュート率の高さに圧倒されたり、体の強さに圧倒されたりと普段は経験することのない世界に足を踏み入れてきました(笑)そんな中でも、時折良いプレーをすることもあります。しっかりと成長しているってことです!

 正直な話、全く勝つことはできません。ただ、県大会レベルのスピードやパワーを肌で感じることやあんなことやってみたい!、バスケットうまくなりたい!というような思いをもってくれればいいのです。お世話になった、先生方・選手の皆さんありがとうございました。

 翌日の29日は、学校にて軽く体を動かし、食事会を開いたのちに解散となりました。

 2019年は様々なチームの先生方はじめ選手の皆様にお相手をしていただきました。この場を借りて御礼申し上げます。引き続き2020年も頑張っていきたいと思いますので応援のほどよろしくお願い致します。

女子バスケットボール部(12月21日)

本日は午前中、越ケ谷高校さんと越谷北高校さんにご来校いただき練習試合を行いました。

本校よりも格上の相手に対して、いままでやったことがどれだけ通用するのか、また前回の練習試合の時よりもどれだけ力の差を埋めることができたかを試せる良い機会となりました。

越ケ谷高校との試合、相手はエース不在ではありますが、3Pや合わせなどを簡単に決められてしまい、食らいつくことができませんでした。

越谷北高校との試合では1Qはしっかりと守り、点を取りリードすることができるのですが、2Qはなんだかんだで7点差ほど差をつけられ負けてしまいます。WC予選と同じような内容です。ただその時と比べて違うことは、でている5人の選手が得点に絡めていることです。ガード・センターの2人のエースだけではないバスケットができているということです。この7点の差を埋める“なにか”を追求していきたいと思います。

越ケ谷高校・越谷北高校のスタッフ・選手の皆さん、本日はありがとうございました!

女子バスケットボール部(12月17日)

本日は春日部東高校さんが来校し、合同練習を行いました。

春日部東高校体育館が使用不可となっているため、期間限定で本校まで足を運んでいただいています。ここぞとばかりにこちらからもお願いをして、練習試合や合同練習を行っています。

今日は春日部東の西村先生にお願いをして、西村クリニックをしていただきました。ドリブルなしの4vs4のラリーでは、ディフェンスのボールプレッシャー、ボールをタッチすることなどディフェンスで大切なこととは?をもう一度見つめなおす良い機会になりました。

春日部東高校のスタッフ、選手の皆さん機会がありましたらよろしくお願いします!

 

女子バスケットボール部(12月15日)

本日は越谷総合技術高校さんと練習試合を行いました。

一昨日の練習試合から昨日の練習を終え、ちょっとは勘を取り戻したかな?という本日の練習試合でした。

越谷総合技術高校の選手は、高いバスケットスキルを持ち、バスケットに対しての意欲も高い、少数精鋭のチームです。

10分×2のゲームを午前中いっぱい行いました。越谷総合の3P攻撃をなかなか止めることができず、失点を重ねるケースも多々ありましたが、インサイドのアタックやペリメーターでのシュート、最近意識をしている速攻もいくつかでて、良い形でテスト明けの練習試合を終えることができたのではないかと思います。

 

 

女子バスケットボール部(12月13日)

期末テストが終わり、長い長い冬が始まりました。

本日は春日部東高校さんが来校し、練習試合を行いました。

テスト明けということで、まったくでした。新チームが始まったころに戻ってしまったのかというような状態でした。。。それは春日部東も同じでしたのでお互いよいリハビリになったのかもしれません(笑)

本日はありがとうございました!(また火曜日もお願いします。)

冬グッズが完成しました!ピステとスウェットです!

 

 

女子バスケットボール部(11月3日)

本日は東部支部新人大会の2回戦でした。

 

庄和 65(13-20.11-26.13-30.28-10)96 鷲宮

 

以上の結果により2回戦敗退となりました。

 

鷲宮高校さんは、夏の選手権大会でPASこと草加南高校さんと激闘をし、いま東部支部で最も熱いチームです。夏にも練習試合をさせていただき、その時はまったく歯が立ちませんでした。今日まで積み重ねたものをどれだけ発揮できるかいざ試合開始!

前半はなんとか戦えました。良い合わせが出たり、良いディフェンスが出たり、良いプレーが多くありました。ただ後半が戦えませんでした。3Q開始から相手の足についていけずこのクォーターだけで17点の差が開いてしまいました。

ここから長い冬が始まります。チーム力はもちろんですが、個々のスキルをもっと向上させ、どこからでも点が取れるようにしなければ、シード校にはチャレンジできないということを改めて感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女子バスケットボール部(11月2日)

本日は東部支部新人大会の1回戦でした。

 

庄和 63(13-18.11-11.23-13.16-18)60 久喜北陽

 

以上の結果により勝利しました。

 

夏休みのはじめに練習試合をさせていただいた相手です。1年生チームでありながら、久喜北陽伝統のガッツのあるチームです。顧問はラン&ガンでガンガン走られることを恐れながらこの日を迎えました。

試合開始の前から選手は“ド”緊張で大丈夫か~と思っていたら、やっぱりダメでした(笑)ディフェンスは悪くないのですが、びっくりするくらい点が取れませんでした。そのままずるずると前半が終わり、24-29で前半を折り返しました。

ハーフタイムでは落ち着いていままでやってきたことをやりなさい。ディフェンスを変え、1年生には必死さを求めました。

3Qはそれがズドンとハマり、23-13と逆転することができました。4Qはそのまま逃げ切り勝利することができました。

 

今後の予定

 日  時  11月3日(日)9:00(試合開始予定)

 場  所  県立春日部高校体育館

 対戦相手  鷲宮高校

 

 *応援よろしくお願いいたします。

 *会場へは、公共交通機関をご利用ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女子バスケットボール部(8月19日)

本日は東部支部選手権大会の1回戦でした。

 

庄和 33(8-23.10-14.4-40.11-33)110 草加西

 

以上の結果により1回戦敗退となりました。

 

夏に合同合宿をさせていただき、草加西の良いものを吸収して挑んだのですが、やはり歯が立ちませんでした。

ただ、新チームになりこの夏様々なことに挑戦し、身につけた技術が試合で発揮できていた部分もありました。選手たち自身もそれを感じることができた試合ではないかと思います。得点の取り方・ディフェンス・後半も戦えるスタミナなどなどやることは山積みですが、もう一度頑張りたいと思います。夏休みよく頑張りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【女バス】練習試合3/23(土)3/24(日)

3月23日(土)に岩槻商業高校・市立浦和高校
3月24日(日)に草加東高校
と練習試合を行いました。

長期OFF明けということもあり、ベンチから見ても全体的に走れていない様に見え、他校の先生からもそのことを指導頂きました。

日曜の練習試合では、ディフェンスが甘く、手を出してファウルとなってしまう場面も多くありました。また、全体的に掛け声が少なかったことも課題だと思いました。

ディフェンスの強化!全員で声を出す!

春の大会に向け、周りからのアドバイスに素直に耳を傾け、これからの練習に活かしていきたいと思います!
マネージャー
アクセスカウンター
0 1 4