女子サッカー部



〇部員数

合計25名

1年生 8名  2年生 8名 3年生 9名 (うちマネージャー4名)

〇チームスローガン

One for all. All for one.

一人はみんなのために、みんなは一つの目的(ゴール)のために 

〇出身クラブチーム

・SEフィリアFC

・FC草加アミスタ

・FC十文字VENTUS

・越谷レディースファミリー

〇出身中学校

・春日部市立   葛飾中学校、緑中学校、春日部中学校、大沼中学校

・越谷市立       新栄中学校、千間台中学校、北中学校、北陽中学校

・さいたま市立  柏陽中学校、岩槻中学校、春里中学校、春野中学校

・杉戸町立       杉戸中学校、東中学校、広島中学校

・幸手市立      東中学校、西中学校

・草加市立      新田中学校

・川口市立      戸塚中学校

〇活動時間

平日  16:00~18:30 (週1日はOFF)

休日   9:00~13:00※練習の場合

(公式戦やリーグ戦、練習試合の場合は変更あり)

〇目標

県ベスト8

〇活動方針

『サッカーを通して自立と自律を目指し、高校生および女性としての人間力を高める』

〇大会予定および結果

*学校総合体育大会 兼 全国高校総体女子サッカー大会埼玉県予選(4月)

・令和2年度  新型コロナウイルス感染拡大防止対策により、大会中止

・令和元年度  1回戦  庄和 0-0 浦和一女 〇

                 (延長0-0)

                      PK3-1

             2回戦  庄和 0-6 南稜 ×

*女子サッカー選手権大会埼玉県予選(9月)

・令和2年度  2回戦  庄和 0-1 久喜 ×

・令和元年度       予選リーグ敗退

           庄和 6-0 所沢   〇

           庄和 2-0 越ヶ谷  〇

           庄和 0-1 和光国際  ×

*新人大会(1月)

・令和2年度    実施予定

・令和元年度    予選リーグ敗退

          庄和 0-0 寄居城北 △

          庄和 6-1 埼玉平成 〇

                            庄和 1-5 入間向陽  ×

女子サッカー部活動報告

女子サッカー部活動報告

【女子サッカー部】引退セレモニー 9/16

9月16日(水)引退セレモニー

先日、本校会場で行われた選手権大会では、残念ながら久喜高校に0-1で敗退し、3年生は引退となりました。大会後は2日間の休養をとり、本日は引退セレモニーを行いました。まず今大会の振り返りを行い、次に3年生部員全員から、後輩たちにメッセージをもらいました。高校生活はサッカー1色だった生徒たちにとって、この2年半を言葉にするのはとても難しかったそうです。多くの思いが溢れて、今日だけでは伝えきれない様子がありました。みな、考えてきた言葉を手紙にし、涙ながらに読み上げてくれました。高校からサッカーを始めたきっかけ、部活以外の思い出エピソード、今後どのようにサッカーと関わっていくのか、選手権大会への想い、生徒たちから初めて聞くことがたくさんあり、女子サッカー部員の絆の深さを改めて感じました。

その後、2年生と1年生から感謝の言葉があり、涙で言葉を詰まらせる生徒もいました。最後に、教員からメッセージを送りました。私は思いを言葉にすることが苦手なので、メッセージはほどほどに、伝えたい想いを映像にしました。引退試合となった久喜高校戦のハイライトや入部してからの思い出のシーンを1つの動画にし、引退セレモニーを終えました。

出会いがあれば、いつか別れがあります。だからこそ1日1日を大切に、今しか一緒にできないメンバーとの部活動(サッカー)を、懸命に取り組んでほしいと思います。毎年3年生が引退するこの時期は、多くの思いが込み上げます。明日から新チームの活動が始まります。3年生が築いてくれた庄和高校女子サッカー部の伝統を大切に、託された思いを継承したいと思います。

 

 

【女子サッカー部】選手権大会 9/13

9月13日(日)選手権大会 vs久喜高校

庄和0-1久喜(前半0-0、後半0-1)

前半は互いにチャンスがあり、シュート数にも差はなく、一進一退のゲームが続きました。それぞれのポジションが仕事を全うし、良いプレーも多くみられたため、ハーフタイムには『同じことをやり続けよう。必ず得点チャンスは訪れる。』という話をしました。選手やスタッフを含め、焦る様子もなく、気持ちを落ち着かせて後半を迎えることができました。

後半は久喜の勢いが増し、前半と比べるとピンチを迎えるシーンが何度かありましたが、庄和のDFとGKの活躍により、何とか失点を防ぐことができました。試合が動いたのは後半17分。庄和のファールにより、ペナルティエリアの数メートル外で久喜に直接FKを与え、ゴールのクロスバーすれすれの良いコースに決められてしまいました。クーリングブレイクを挟み、ゲーム時間は残り20分。最後まで必死にゴールを守り、攻撃チャンスがあれば人数をかけてチャレンジする果敢なプレーもありましたが、追い付くことができませんでした。かつて埼玉県を制した伝統校の強さを、身をもって感じた試合でした。

本日の試合が、庄和高校女子サッカー部の3年生にとって引退試合となりました。3年間、本当にお疲れさまでした。良く頑張り続けました。彼女たちの高校生活は、サッカー1色だったことと思います。勉強と部活動の両立に悩み苦しみ、時には大きな選択に迫られることもありました。これから先、人生を左右するような重大な選択に迫られた時には、女子サッカー部での経験を活かし、自信をもって大きな一歩を踏み出してほしいと思います。

今日まで誰よりも近くで応援し、選手たちを支えて下さったご家族の皆さん、本当にありがとうございました。また、庄和高校女子サッカー部に関わる全ての皆様に感謝申し上げます。引き続き、ご声援よろしくお願い致します。

R2埼玉県高校女子選手権大会 組み合わせ.pdf

【女子サッカー部】公式戦前日調整 9/12

9月12日(土)公式戦前日調整

明日はいよいよ、令和2年度 埼玉県高校女子サッカー 選手権大会の初戦です。本日の調整練習では、小さいコートでのゲームをメインに行い、約束事の確認をしました。戦術について各チームで話し合う場面もあり、とても良い雰囲気で練習を終えることができました。

選手権大会前日。今大会は1回戦からトーナメント戦のため、負けた時点で3年生は引退。1戦1戦が貴重なゲームとなります。毎回、公式戦前に伝えていることは、『前日までの準備で、勝敗の8割が決まる』ということです。事前準備に勝る王道はありません。良いイメージを明日につなげ、後悔のない過ごし方をしてほしいと思います。

 

 

R2埼玉県高校女子サッカー選手権大会.pdf

 

 

【女子サッカー部】調整試合 9/6

9月6日(日)調整試合

選手権大会前最後の調整試合を行いました。本日のゲームテーマは、『練習でやってきたことを実践すること』。サブテーマは『本番に向けた予行練習』です。来週、本校会場で2回戦が行われます。会場設営においては、テント・椅子・選手控室・案内表示など、本番同様に設置をしました。相手チームも来週公式戦を控えているため、怪我をしないさせないことをモットーに、A戦35分+B戦20分のみで終えました。昨日の大雨の影響により、本日予定されていた選手権大会1回戦の3会場が延期となり、朝から雷雨も心配されましたが、本校グラウンドは水はけも良く、問題なく実施することができて良かったです。チーム総括としては、全てにおいて本番をイメージすることによって、モチベーションを高めることに繋がり、試合内容も含めて良いイメージ作りになりました。

選手権大会まで、あと7日。今日のモチベーションを維持しながら、質の良い練習を続け、本番を迎えられるようにしましょう。顧問としてできることは全て実施し、選手が自信をもってピッチに立てるように、送り出してあげたいです。

埼玉県女子サッカー選手権大会組合せ.pdf

 

 

【女子サッカー部】メンバー発表・ユニホーム配布 9/4

9月4日(金)メンバー発表・ユニホーム配布

本日まで午前中授業、午後は生徒面談、合間に部活動を実施しました。

『9月6日の調整試合では、全ての行動において本番をイメージしよう。』ここ数日の練習で繰り返し伝えている言葉です。前日の過ごし方、食事(栄養)のとり方、疲れのとり方、何をとっても、キックオフまでのルーティーンを大切に過ごしてほしいと思います。練習試合の位置づけですが、限りなく本番を想定するため、公式戦用のユニホームを着用します。練習後にメンバー発表を行い、マネージャーからユニホームを手渡しました。

選手権大会初戦まで、あと9日。試合当日は、朝起きてから集中し続けていたら、体力がいくらあっても足りません。調整試合を通して、試合モードにスイッチを切り替えるタイミングを学んでほしいと思います。

埼玉県女子サッカー選手権大会組合せ.pdf

 

 

 

【女子サッカー部】通常練習 8/31

8月31日(月)通常練習

 埼玉県女子サッカー選手権大会は、いよいよ今週末に開幕します。本校は2回戦からなので、9月13日(日)vs久喜高校が初戦となります。それに伴い、3年生の引退まで、カウントダウンが始まっています。最近の練習では、良い雰囲気だったり、内容の濃い練習だったり、何気ないシーンがあるとすぐにカメラを構えてしまいます。この選手権大会を、3年間の集大成となる大会にするため、少しでも記録に残してあげたいと願っています。無観客開催のため、今まで選手を誰よりも近くで支えてくださった保護者の皆様に、引退試合を観ていただくことができず、大変心苦しいです。

選手権大会まで、あと13日。練習風景や練習試合の写真だけでも、庄和高校女子サッカー部の雰囲気を感じ取ってもらえると幸いです。庄和高校女子サッカー部関係者の皆様、今後も、選手へのあたたかいサポート、よろしくお願い致します。

埼玉県女子サッカー選手権大会組合せ.pdf

〇練習開始時、肩を組む円陣は行わず、非接触で実施しています。 

〇練習後、セルフ及びペアストレッチを行い、疲れをその日のうちに取り除きます。練習内容に応じて、互いにマッサージをすることもあります。 

〇練習開始のミーティングでは、練習テーマとメニューを伝えます。終礼では、練習のフィードバックを行い、諸連絡を伝えます。

【女子サッカー部】練習試合 8/29

8月29日(土)練習試合 vs SEフィリア

杉戸町を本拠地とする、U15のクラブチームと練習試合を行いました。本校には各学年2名ずつ、合計6名のSEフィリア出身の選手が在籍しております。毎年優秀なサッカー選手を送ってくださり、大変感謝申し上げます。

本日のテーマは『得点のイメージを確立すること』。今日に至るまで、数的優位・不利、シュートパターンABC、カウンター練習など、多くの攻撃パターンについて練習を重ねてきました。緊急事態宣言解除後、8月から練習試合を再開し、本日で9回目のトレーニングマッチとなります。ゲームを重ねる中で、庄和高校の攻撃スタイルやDFのコンビネーションなど、少しずつ定着をしてきた様に感じます。そのイメージを、チーム全体で共有できるようにしたいと思います。

選手権大会初戦まで、あと15日。来週末、最後の調整試合は、昌平高校と対戦します。マネージャー4人も含め、良いイメージトレーニングを重ね、当日を迎えられるように準備したいと思います。

埼玉県女子サッカー選手権大会組合せ.pdf

【女子サッカー部】練習試合 8/22

8月22日(土)練習試合vs川越南・川口市立

夏季休業中、8回目の練習試合。また、夏季休業中最後の活動日となります。本日の活動は午後から、川越南高校に遠征を行いました。『ムダな動きの中に、チャンスがある』この言葉は、日頃の練習で口にしている言葉です。サッカーは1試合の中で、ボールを持たない時間の方が圧倒的に長いです。ボールを持っていない選手にこそチャンスがあり、ボールを持たない選手がどう動くかが鍵になるスポーツです。本日の目標は『フェイントをかけたり、スペースを利用して走ったり、一見ムダだと感じる動きを積極的にやってみること。』6月に学校が始まり、部活動が再開した時には、全体的に体力がありませんでした。そこで、夏季休業中に持久力や瞬発力を鍛えるトレーニングを行い、徐々に1試合70分間走り切れる体力が身につき、本日の試合も十分な運動量がありました。未経験者の一年生も、一試合の中でボールに触れる時間が増え、6月から始めてこの3ヶ月間の成長も感じることができました。

選手権大会初戦まで、あと22日。いよいよ新学期が始まります。女子サッカー部では部活動が再開して以来、手洗い・うがい・消毒を徹底して活動してきました。今後も新型コロナウイルス感染防止対策に十分気を配りながら、徐々に学校生活に慣れて欲しいと思います。選手権大会に向け気を引き締め、誰一人欠けることなく、部員全員で臨みたいと思います。

埼玉県女子サッカー選手権大会組合せ.pdf

【女子サッカー部】練習試合 8/21

8月21日(金)練習試合vs浦和実業

夏季休業中、7回目の練習試合。久しぶりに遠征を行いました。浦和実業高校のグラウンドは校舎とは別に位置しており、荒川彩湖に面していて自然の多いサッカー場でした。浦和実業は、1月から2月にかけて行われた新人大会で、ベスト8の成績を収めています。そのチームと練習試合ができることは貴重な経験であり、本校にとって夏季休業中の集大成となるゲームになるよう取り組んできました。70分の試合結果は1-2(0-1.1-1)。勝ち越すことはできませんでしたが、練習を重ねてきた粘り強いDF力が発揮され、少ない攻撃チャンスで1得点することができました。特に大きな成果は、後半0-2ビハインドの中で積極的にゴールを狙い、得点を奪うことができたことです。

選手権大会初戦まで、あと23日。負けている状況で果敢にゴールを狙い続け、得点を決めることは、チームが同じベクトルに向いていないとなし得ないことです。このモチベーションを公式戦当日まで維持し続けたいと思います。

埼玉県女子サッカー選手権大会組合せ.pdf

 

  

 

 

【女子サッカー部】審判講習会 8/20

8月20日(木)サッカー4級審判資格新規取得講習会

午前中は通常練習を行い、午後は男女サッカー部合同でリモート形式の審判講習会を実施しました。例年5月・6月に別会場で開催される審判講習会に参加をし、座学講習と実技講習を受け、筆記試験に臨んでいました。しかし今年は、新型コロナウイルス感染防止対策として、各学校会場毎にリモート形式で講義を受け、〇×の二択での試験問題を受験しました。100点満点中80点以上とらないと合格することができません。なかなか80点に到達することができず、試験時間ギリギリまで、粘り強くチャレンジする部員もいました。なんとか時間内に男女全員合格することができ、安堵しました。

あらゆるスポーツに、そのスポーツをより楽しむための競技規則(ルール)があります。毎年女子サッカー部では、サッカー未経験者が数人入部をします。まずはルールを理解していないとゲームをすることができません。日々の練習や練習試合の中で、少しずつ競技規則について触れていますが、まだまだ分からないことだらけです。経験者であっても、競技規則は毎年改定されるため、日々学ぶ必要があります。今回間違えた問題はしっかりと復習をし、今後の試合に安心して臨めるようにしてほしいと思います。

選手権大会初戦まで、あと24日。トーナメント戦のため、負けた時点で3年生は引退となります。ルールの理解を深めることで、よりサッカーを楽しむことができます。3年生と同じモチベーション、同じ気持ちで試合に臨むことができるように、時間の使い方を工夫しましょう。チームのためにできることとは、試合に出場することだけではありません。それぞれの立場で、今の自分にできることを実行しましょう。